ページの本文へ

Hitachi

Open Middleware Report Web

みどるな事業継続の試み 価値の遺し方、会社の渡し方 文:西村 佳哲

なんのための会社?

来年(2015)春にプレオープン予定のサテライトワーク体験・宿泊施設「WEEK」。ケヤキの奥には古民家があり、そこが食堂棟に。隣接して、まちのNPO が運営する広いコワーキング・スペースがある。神山はネットのインフラ環境も良好。「田舎に難を示す東京の女性スタッフも、一度来るとリピーターになることが多い。とくにクリエイティブや、マネージメントの担当者にいい結果が出ます。サテライトワークがあまりにいいので、自分たちの会社だけやっているのは勿体ないと思い、宿泊施設をつくることにしました。」(隅田)
来年(2015)春にプレオープン予定のサテライトワーク体験・宿泊施設「WEEK」。ケヤキの奥には古民家があり、そこが食堂棟に。隣接して、まちのNPO が運営する広いコワーキング・スペースがある。神山はネットのインフラ環境も良好。
「田舎に難を示す東京の女性スタッフも、一度来るとリピーターになることが多い。とくにクリエイティブや、マネージメントの担当者にいい結果が出ます。サテライトワークがあまりにいいので、自分たちの会社だけやっているのは勿体ないと思い、宿泊施設をつくることにしました。」(隅田)

隅田 「商売」とか「営利」は、あまり良くないニュアンスで使われることが日本では多いけれど、稼いだお金で何をするかなんだよね。そこさえしっかりしていれば商売というのは素晴らしい手立てだと思う。国の予算を使うこともなく、子孫に多大なる借金を背負わせることもなく、健全に社会を維持してゆくわけです。

──商いとはそういうものだろうと。

隅田 すべての企業に、というかすべての事業にお金より優先されるその先の目的があって欲しい。昔の書物を読むと商人はみんな掲げている。「お金は何に使うのかが大事で、そこを見られているし問われているんだ」と。「そこで人間性が決まるのだから、恥ずかしくないように生きてゆこう」ということを、異口同音に口にしているんですね。

──もしそこが無いと?

隅田 単純に金儲けになる。ネズミが車輪をまわしているような状況のくり返しになってゆきますよね。それに陥らないことが、すべてだと思います。

 うちの社員は全員、入社時に「まずフリーランスをめざしましょう」と言われるんです。(笑)

──入社したのに。

隅田 どんな大企業に勤めたところで会社が潰れてしまう可能性はある時代なのだから、本人にとっていちばんの安定を考えたら、手に職を付けてもらうのがいいんですよ。

 幸い映像を整えてゆく世界は裏舞台の仕事で、人は常に足りない。外注化されやすい業務でもあるので、技術がちゃんとあれば食べてゆけるんです。

みどるな事業継続の試み

 「みんなの給料も大事だし、ここでの仕事が生活の安定につながればいいと思っているけど、最大のプライオリティは"映像をちゃんと社会資産として将来世代に遺すこと"だから、ない袖は振れないときがあるかもしれないし、会社そのものが無くなることだってあるかもしれない」「だから万が一そうなっても食っていけるように、しっかり教えるので手に職を付けましょう」と伝えている。仮に意図を共有していない社員から見たら、もうブラック中のブラック企業だよね。でも、設立してまだ1年ちょっとの神山オフィスからも、既にふたり独立しているし、そうやって出ていった人たちに仕事も出しているんですよ。

 経済合理性のないものを維持してゆくのは、いまの日本ではすごく大変なことですよね。でも同じ方向を見て、いま一緒に働いているという事実を共有してゆければいいな、と思っています。

 私たちは、未来と過去のちょうどあいだにいる。その間をつないでゆく仕事の一つが、たとえば子育てであり、同じことを会社や事業で試みている人もいる。価値を消費するのではなく、積み重ねてゆくことを可能にする仕事。

 社会の雲行きがあやしさを増してゆく中、個人も会社も自身のサバイバルに泥濁しがちで、周囲から切り離された小さな存在になってゆく傾向を感じていたけど、こんな経営者もいる。一貫した意図が事業にも、雇用にも、オフィスの改築にもあらわれていることを知り、あらためてその目でこのオフィスを眺めると、願いごとの塊のようだと思った。

隅田 徹 Sumita Tetsu

1962年 大阪生まれ。映像資料の属性管理とデジタル・アーカイビングを手がける(株)プラットイーズ・創業者。2012年より会長職。2013年、徳島県神山町に同社のバックアップとして「えんがわオフィス」を建設。同時に4K映像を取り扱う新会社を設立。現在は2015年春に神山町にオープンする、サテライトワーク体験の宿泊施設「WEEK」の準備を、地域からの出資を集めて進行。宿を経営する 新会社「神山神領」の代表もつとめる。

3ページ中3ページ