本文へジャンプ

Open Middleware Report Web

Hitachi

【大きなデータ、どう送る?】

今回のテーマは「データ転送」です!
西部先生、朝比奈先生、はじめまして!
今日はよろしくお願いします。

みどるちゃん

おお、みどるちゃんにやっと会えた!

西部先生

よろしく、みどるちゃん。
会えるの楽しみにしていたの。

朝比奈先生

あ、ありがとうございます!
私もお二人にお会いできてうれしいです!
えっと、さっそくですが先生、日立のデータ転送ってどんなはたらきをするミドルウェアなんですか?

みどるちゃん

とっても大きなデータを、離れた場所に高速・安全に転送するものだよ。
たとえばコンピュータで作った設計図、映像コンテンツ、各種システムのバックアップデータなどを、国内や海外にいる相手に短時間で届けたい─
そういう用途に使うものだね。

西部先生

いろいろなデータ…
ビッグデータですね!

みどるちゃん

そう、今はまさにビッグデータ時代。
メールだけじゃなく、CADデータとよばれる建物や機械部品などの設計図面のデータ、GPSなどの各種センサーデータ、写真や映像データなど、多種多様なデータが毎日ネットワーク上でやりとりされている。
企業のグローバル化も進んでいるから、海外とのデータのやりとりが増えていてネットワークはいつも大混雑しているんだ。
そのため、送りたいデータがあっても、なかなか短時間に送れなくて仕事が滞ったり、情報共有が進まないのが大きな悩みになっているんだ。

西部先生

もしかしたら私がSNSに上げているデータも混雑の原因かも!
毎日、食べたおやつの写真をアップしてるし…

みどるちゃん

それはそれでいいのよ、みどるちゃん。
世界中の人々がネット上でコミュニケーションを楽しんだり、仕事に役立つ情報をやりとりして、社会を活性化させているんだもの。
でもビジネスで毎日大きなデータを扱う人には、やっぱり「もっと速く効率よく送りたい」「安全に相手に届けたい」という気持ちが強いのね。
ところが現状のデータ転送手段では、不便なことや問題点がたくさんあって、新しい転送手段が必要になってきているの。

朝比奈先生

今までの方法だと、どんなところが不便なんですか?

みどるちゃん

たとえばメールにファイル添付するよね。
ほとんどの会社ではメールサーバの容量制限から、送信メールの容量が10MBくらいあると送れなくなってしまうことがあるんだ。
これだとわざわざファイルを分割して送らなければいけない。

西部先生

うわー、めんどくさいですね。
そのまま送れないのって不便…

みどるちゃん

そう、かけたくない所に手間がかかるから大変なんだよ。

西部先生

USBメモリーやDVD-ROM、外付けHDDなどの媒体にデータを記録して搬送する手段もあるけど、届くまでに時間がかかるし、記録するための手間や費用も発生してしまうの。
運搬だと紛失などの情報漏えいリスクもあるから、データで送れたほうが便利なのよ。
けれど、FTP※とよばれる昔からあるファイル転送の手段では、セキュリティの担保や転送に時間がかかることが悩みのタネになっているわ。
※ FTP (File Transfer Protocol)

朝比奈先生

あっ、でもほら、クラウドっていう場所にある大きなデータの保管場所を使えば、簡単に送れちゃうんじゃ?
ウチのお父さんがパソコンから、たくさんの家族写真を遠くのおじいちゃんに送ってるの、見たことがあります。

みどるちゃん

クラウドストレージサービスね。
確かにあれは容量制限が厳しくないから、大きなデータを送る際には便利よね。

朝比奈先生

でしょ!
タダで使えるサービスを、会社でも使えばいいんじゃないでしょうか?

みどるちゃん

確かにユーザー視点で言うなら、今は無料で使えるクラウドサービスがたくさん世の中に出回っているから、「会社でもこのサービスを使いたい」となる場面が出てきてしまうかもね。
でも無料で使えるストレージサービスは、やはりプライベートな用途に止めておくべきじゃないかしら。
まず、企業内で扱うデータは、社外に公開できないものがいっぱいあるから、誰でもアクセスできる社外のクラウド環境にデータを置けないわ。
だから、個人が使って便利という理由だけで、すんなり企業で使うことにはならないの。

朝比奈先生

そうかー、やっぱりいろいろ問題があるんですね。
じゃあどうすれば…

みどるちゃん

そうした問題を解決するため日立が開発したのが「高速大容量データ転送基盤 JP1/DataHighway(以下、JP1/DH)」なんだ。
JP1/DHはメールに添付できない大容量データをインターネット経由で高速・安全に送受信できる機能を持っている。
これを使えば、製造業なら図面の送付時間を短縮して開発工数を大幅に短縮できる。
もちろん、海外で取材した映像データをすぐに日本へ送ることだってできるよ。

西部先生

へーえ、スゴイ!

みどるちゃん

JP1/DHの大きな特長の1つは、専用線を引く必要がないということなの。

朝比奈先生

専用線?

みどるちゃん

3ページ中1ページ