本文へジャンプ

Open Middleware Report Web

Hitachi

【チームをまとめる監督、それが「統合管理」】

今回のテーマは「統合管理」です!
加藤先生、おひさしぶりです!
そして黒瀬先生、はじめまして!

みどるちゃん

そうね、前回は「ジョブ管理」のお話をさせてもらったのよね。
今回もよろしくね、みどるちゃん。

加藤先生

こんにちは。
噂には聞いてましたよ。
いつも熱心にミドルウェアの勉強をしている子がいるってね。

黒瀬先生

あ、ありがとうございます!
今日も一生懸命がんばります。
さっそくですが先生、統合管理ってなんですか?

みどるちゃん

簡単に言うと、システム全体を統合的に、まとめて管理しましょうということね。
ほら、「ジョブ管理」の時には、いろんなシステムを自動運用して、その状況を一元管理できる機能があることをお話したでしょ?
同じようにJP1をはじめとする世の中の運用管理製品には、システムを効率よく運用していくために、「資産・配布管理」「セキュリティ管理」「ネットワーク管理」といった、それぞれ専門的な仕事を受け持つツールがたくさんあるの。

加藤先生

なるほど…

みどるちゃん

以前はこうしたツールを使って、それぞれの管理者が専門的に運用管理業務を行っていたんだけど、たくさんあったシステムが1つの大きなシステムに集約されたり、東京と大阪のシステムが連携して仕事をするようになってくると、やっぱり個々の問題だけじゃなくて、常にシステム全体が正常に稼働しているかどうか、トータルに見渡したいというニーズが出てきたの。
そうすれば、全国にサーバが散らばる大規模なシステムでも、少ない人数で管理できるし効率も上がる。
運用管理コストも低く抑えられる。
それを実現するのが「統合管理」の役割というわけ。

加藤先生

野球チームにたとえてみるとわかりやすいよ。
サーバやストレージ、ネットワーク機器といったハードウェア、Webサーバやメールサーバ、データベースなどのソフトウェア、これが一人ひとりの"選手"だと考えてみて。
その選手たちにアドバイスを与えたり、体調を整えたりする"コーチ"や"トレーナー"が、ジョブ管理やサーバの稼働監視といった個々の運用管理ツール。
そして、それら全員の動きや体調に気を配りながらチームをまとめて試合にのぞむのが監督≠ナある「統合管理」というわけ。

黒瀬先生

そうか、チームの監督さんが統合管理!
それならよくわかります!

みどるちゃん

当然だけど、統合管理の対象となるのは、決して同じメーカーの製品ばかりじゃないんだ。
サーバはA社製、ストレージはB社製、データベースソフトは海外のC社製というように、今の情報システムは、いろんなメーカーの製品をたくさん組み合わせて作っている。
仮想化技術の進展で、物理サーバ以外にも仮想マシンがたくさん増えてきたからこれも管理が大変だ。
また、個々の運用管理ツールもJP1ばかりじゃなくて、他のメーカーのツールだって混じっている。
だから、どんなハードやソフトが複雑に組み合わされていても、すっきりまとめて管理できることが「統合管理」の重要なポイントなんだ。

黒瀬先生

外国人の助っ人選手の面倒も見なくちゃいけないし…

みどるちゃん

そうだね。
とにかく監督は、たくさんの個性的な選手やスタッフで構成されたチームを、いつも最高のコンディションに導きながら試合で勝ち続ける
―つまりシステムを止めることなく快適に動かし続けていくことが重要なんだ。
もし試合に負けたら、その原因をきっちり追求して同じミスを繰り返さないようにすることも大事だね。

黒瀬先生

でも監督さんは、そんなにたくさんの選手の動きや体調を、
どうやって毎日知ることができるんですか?

みどるちゃん

いいところに気づいたわね、みどるちゃん。
実は、システムを構成しているハードウェアやOS、アプリケーションは、それぞれ自分が行った処理や操作を必ず「ログ」という記録に残しているの。
これを見れば、どんな処理を、いつ、誰が、どのように実行したか、その結果はうまくいったかどうか、しっかりわかるようになっているの。
運用管理ツールや統合管理ツールは、このログを常に監視していて、システムで起こったさまざまな出来事を「イベント」という形で管理者に教えてくれる仕組みを持っているの。

加藤先生

へ〜、すごい!

みどるちゃん

たとえば「大阪地区のシステムでディスク容量が不足しています」とか「九州地区のシステムで通信エラーが発生しました」と教えてくれる。
Webサイトのレスポンスが急に低下した時は「東京エリアのネットワークの様子がいつもと違います」みたいな形で注意を与えてくれるんだ。
イベントの重要度に応じて、メッセージやアイコンの色を変えたりしてくれるから、管理者は一目で問題点を把握できて、その後の適切な対処につなげることができるんだ。

黒瀬先生

なるほど、監督さん、いや「統合管理」って
本当に重要な役割を果たしているんですね。

みどるちゃん

3ページ中1ページ