本文へジャンプ

Open Middleware Report Web

Hitachi

【データベースを「つなげて」使うのがRDB】

今回のテーマは「リレーショナルデータベース」です!
あっ、今日は先生がお二人もいらっしゃるんですね!
石川先生、長江先生、よろしくおねがいします!

みどるちゃん

よろしく、みどるちゃん。

石川先生

よろしくね。

長江先生 みどるちゃん

ふふ、実はデータベースって言葉は聞いたことがあったので、今回は頑張って予習してきました!
データを集めておく入れ物がデータベースのことですよね?
リレーショナルデータベースで調べたらオラクルが作っていることがわかりましたよ!

みどるちゃん

…みどるちゃん。あのね…

石川先生

みどるちゃんの回答はよく知られているデータベース製品としては当たっているわ。けれども、日立もリレーショナルデータベース製品を作っているのよ。

長江先生

え?日立がデータベースを作っているの?

みどるちゃん

よし、予習してきたみどるちゃんのために簡単に復習をしてみようか。みどるちゃんが言ったように、いろんな人が一緒になって使うデータの集合体をデータベース(DB)と呼ぶね。
そして、その中でもデータ全体を「列」と「行」で構成する表形式で表して、複数の表をリレーション、つまり「結合」して利用できるのがリレーショナルデータベース(RDB)なんだ。

石川先生

これがリレーショナルデータベースだ!

DBには、ほかにもいろんな種類があるけど、いま世界中で一般的に利用されているのは、ほぼRDBだと考えていいんだ。

石川先生

ところで、みどるちゃん、スマホ持ってるでしょ?
そこに「おこづかい帳」アプリは入ってる?

長江先生

入ってます!わたし毎日つけてます!みどる家では、お手伝いをするとおだちんがもらえるんですよ!

みどるちゃん

それ、表形式になってない?

長江先生

あ! おこづかい帳も立派なRDBなんですね。

みどるちゃん

そのとおり。スマホやパソコンに入っている表計算ソフトもRDB、企業のオープン系基幹システムで使われているデータベースもRDBなのよ。
表形式でデータを管理する方法は直感的でわかりやすいし、SQLというプログラム言語を使うことでデータの格納や表示、結合・抽出がかんたんに行えるから広く普及してきたの。

長江先生

みどるちゃんにとって、毎日つけるおこづかい帳は大事な記録だよね。
同じように、銀行の口座管理や証券会社の取引管理、ネットショッピングの商品管理なんかで使われているRDBのデータも、会社やお客さまにとっては非常に重要な情報なんだ。
だから、そのデータには決して間違いがあってはならない。
つまりRDBは現在の社会生活やITの基盤を支える重要な技術なんだ。

石川先生

じゃあ、RDBが壊れてしまったら大変なことが起こってしまう?

みどるちゃん

みんなが銀行に預けているお金だって、現金じゃなくてRDB上のデータとして管理されているのよ。
Aさんは10万円、Bさんは50万円というデータでね。
でもRDBが壊れてしまったり、データが間違ってゼロに書き換えられてしまったらどうなるかしら?

長江先生

たいへん!せっかく貯めたお金が減ってたら困ります!

みどるちゃん

預金額みたいに重要な情報が書き換えられたり消失してしまったら、本当にたいへんなことになるわね。
だから、こういった情報を管理するRDBには、複数の利用者からのアクセスをきちんと制御して重要なデータをしっかり守り、まちがいなく運用するための機能が備わっているの。

長江先生

そういった、RDBを適切に利用するための諸機能を管理しているのがミドルウェアなんだ。
データベースを管理するミドルウェアは、DBMS(DataBase Management System)と呼ばれていて、RDBならRDBMSだね。
このRDBMSが世の中で“データベース”として売られている製品そのものなんだけど、そこにどんな機能や特性を持たせるかで、各ベンダーは一生懸命しのぎを削っているんだよ。

石川先生

3ページ中1ページ