本文へジャンプ

Open Middleware Report Web

Hitachi

数理的発想法4 「弱い」ロボットが、新しい「人間観」を切り開く 文:仲俣暁生

いつの時代も、創造性の核には個人の「発想」があった。「発想」をかたちにするには技術のたすけが必要だが、情報通信技術の発展は、そのプロセスを大きく変えた。「発想」にはじめから、技術がビルトインされるようになったのだ。そうした発想のあり方を、かりに「数理的発想法」と名づけてみた。

連載第四回目に登場するのはロボット研究者の岡田美智男さん。ただし、彼がつくるのは最先端のヒューマノイド型と一味ちがう、「関係論的ロボット」と呼ばれるものだ。言い替えるなら「弱いロボット」。なぜロボットに弱さが必要なのか。その考え方の底にあるものをうかがった。今回のキーワードは〈環境〉と〈身体〉である――。

 ロボットという言葉から、あなたは何を思い浮かべるだろうか。製造業から医療、災害対応など多くの分野で実用化されている産業用ロボットか、それとも人間のように二足歩行する「ヒューマノイド」型か。あるいはより人間そっくりな表情を浮かべる「アンドロイド」かもしれない。なかには一般向けに商品化されたソニーの犬ロボット「AIBO」や、円形でかわいい掃除用ロボット「ルンバ」をすでにお持ちの方もいることだろう。 

 「ロボット」という語の語源は、カレル・チャペックというチェコの作家が1921年に発表した『R.U.R』という戯曲にある。題名は「ロッサム万能ロボット会社」の略で、この作品におけるロボットは、人間の代わりに、人間以上の効率で労働する機械である。姿かたちはともかく、現在の産業用ロボットはその延長線上にある。

 日本では手塚治虫のマンガ作品『鉄腕アトム』(1952年〜)とそのTV版アニメーション(1963年.)の与えたインパクトがあまりにも大きく、世界でもめずらしいほど「ヒューマノイド」型の開発がさかんな国となった。しかし、私たちの日常生活にロボットがごく自然に溶け込むには、まだ至っていない。

 こうした既存のさまざまなアプローチとはまったく異なる方向から、「ロボット」を研究開発している人がいることを、ある本をとおして知った。2012年9月に刊行された『弱いロボット』(医学書院)の著者、岡田美智男さんである。

 ロボットが「弱い」とはどういうことだろう? 岡田さんは現在、愛知県豊橋市にある、豊橋技術科学大学で教えているという。幸いなことに、この本に登場するものをはじめ、彼のプロジェクトで制作された一群のロボットが一堂に会するイベントが行われる予定があることを知った。実物が動くところをまとめて見られる機会は、これを逃すとしばらくないそうだ。大きな期待を抱いて、豊橋へと向かった。

「他力本願」なロボットたち

 会場である豊橋市のこども未来館(愛称「ここにこ」)の「集いプラザ」を訪れると、岡田さん本人にお目にかかる前に、ガイコツのような白い骨組みを震わせながらロボットが出迎えてくれた。『弱いロボット』の表紙にも登場する「アイ・ボーンズ」だ。

「アイ・ボーンズ」 
会場でまっさきに出迎えてくれたロボット。移動手段には「ルンバ」が使われている
<「アイ・ボーンズ」
会場でまっさきに出迎えてくれたロボット。移動手段には「ルンバ」が使われている>

 しかしこれはまだ人間に近い姿かたちをしているほう。展示室に入ると、岡田さんのプロジェクトのメンバーたちの間を、たくさんのロボットと子どもたちが動き回っている。

 ロボットは色もカタチもさまざまで、サッカーボールのように丸いのもいれば、ゆらゆらと不安定ながらも立ち続ける板状のものもいる。すでに見知っていた「ゴミ箱ロボット」の二代目と思しき新型もいる。実際、どれがロボットでどれがそうでないのかさえ、よくわからない。これらはみな、岡田さんが豊橋技術科学大学の学生とともに行なってきた、「次世代ロボット創出プロジェクト」の成果である。

 それぞれのロボットの目的や機能はことなるが、しばらく相手をしていてわかってきたのは、どのロボットも、周囲にいる人間となんらかのインタラクションを行なっているということだ。

 しかも、たんに「こちらが何かをすると、向こうも何かをする」というだけではない。ときにはこちらに何かをさせるために、ロボットのほうが先にある「構え」をとることもある。こちらがそれに応えることで、ロボットがまた次の「構え」をとる。そうしたやりとりがつづく結果、人間と機械とが相対しているとは思えないほど、飽きのこないやりとりが続くのである。

 わかりやすい例が、「ゴミ箱ロボット」だ。正式名を「Sociable TrashBox」という。これは、岡田さんによれば「関係論的なロボット」ということになる。もう少しわかりやすく言えば、「他力本願なロボット」だ。

「ゴミ箱ロボット」初代 『弱いロボット』の表紙を飾った初代は車輪により移動するが、第二世代は「ルンバ」に乗って移動する
<「ゴミ箱ロボット」初代
『弱いロボット』の表紙を飾った初代は車輪により移動するが、第二世代は「ルンバ」に乗って移動する>

 このロボットは、ランダムによろよろと動く(移動には初代は車輪、第二世代はルンバを利用)だけで、みずから「ゴミを拾う」わけではない。そんなロボットを見た人間の側はどうするか。なにしろ、そのかたちは見るからに「ゴミ箱」である。「きっとゴミがほしいのだろう」と思って投げ入れてやると、まるで「お辞儀」をするような感じで、ちょっとだけ頭を下げる。自分ではゴミを拾わないのに、弱々しい動きや構えを見せることで、結果的に周囲にいる人の力を借りて、ゴミを拾い集めてしまうのだ。

 それだけではない。たとえば自分自身も弱い存在であるこども、とくにコミュニケーションに問題を抱えている子どもが、この「ゴミ箱ロボット」を積極的に手助けする事例が見られるという。「弱いロボット」あるいは「関係論的ロボット」の意味が、少しだけわかった気がした。

「コンテ(Conte)」 
こどもがタンバリンを使い、はやしたてる。
<「コンテ(Conte)」 
こどもがタンバリンを使い、はやしたてる。>

3ページ中1ページ