本文へジャンプ

ミドルウェア

uVALUE 実業×IT

Hitachi

Open Middleware Report Vol.59

特集1■本格化するビッグデータの利活用

昨今のビッグデータ利活用の背景には、ハードウェア、ソフトウェアの進歩により大量のデータを高いコストパフォーマンスで蓄積できるようになったことがある。しかし、ただデータを蓄積するだけでは企業の価値向上にはつながらない。そのためには、データを分析し、ビジネスに活用できるような新たな価値を与えられるスペシャリストが必要だ。人の知恵と、それを支えるIT、両方のソリューションを日立はどのように提供していくのか。
記事へ

特集2■システム構築の道標となるミドルウェア活用ソリューション

コスト削減や経営のスピード化の解決策として導入が進むクラウドコンピューティング。しかし、クラウドを効果的に活用するには各種業務のサービス化と柔軟な連携が必要になる。日立では「ミドルウェア活用ソリューション」を展開し、クラウド活用に向けたシステム構築における全てのフェーズで顧客を支援している。
記事へ

  • Cover Story
    An archeologist isexcavating the fossil


    今回は考古学者です。化石の発掘を通じて、時代の流れにより埋もれてしまった情報を現代に蘇らせる仕事は、対象は違えど、すでにあるデータから新たな価値を発見するビッグデータのデータ分析/データマイニングと近いものがあるのではないでしょうか。