本文へジャンプ

ミドルウェア

uVALUE 実業×IT

Hitachi

特集1■ストレージの仮想化 その運用ノウハウを探る

企業のITコスト削減に貢献する仮想化技術。それを応用したさまざまなソリューションにより、物理サーバの集約や運用効率化などが実現している。先進的な企業では、その次のステップとして、ストレージ仮想化が注目されつつある。これらの技術を使って効果を出していくためには、サーバ仮想化と同様、ストレージの仮想化においても適切な運用管理が鍵となる。ここではそのポイントを探る。

システム運用の次の一手
ストレージ仮想化の運用効率を高める
「Hitachi Command Suite 7」

青木 誠

 サーバ仮想化が普及した今、さらなるコスト削減や運用効率の向上のために注目されているのがストレージの仮想化だ。日立はストレージの監視や運用を自動化し、ボリューム追加などの作業を簡単・迅速に行うストレージ管理ソフト「HitachiCommand Suite 7」を提供。ストレージシステム全体の最適化を支援している。

記事へ

Open Middleware実践講座
ユーザーの質問にお答えします

 クラウド環境の構築も考えてストレージを再構築したい。運用管理ソフトは何を基準に選んだら良いだろうか?

記事へ