本文へジャンプ

ミドルウェア

uVALUE 実業×IT

Hitachi

特集■実践! 仮想化 ビジネスに効く、真の仮想化とは

企業のITシステムに仮想化技術の採用が進みつつある。だが、やみくもな手法でサーバ統合だけを進めても、それを正しい仮想化と呼ぶことはできない。仮想化を成功へと導くためには、その効果をきちんと理解し把握しておくことも重要となる。仮想化は企業に利益をもたらし、現場の効率化を図るものでなければならないのだ。こうしたメリットを生み出すことのできる、真の仮想化を考える。
記事へ

Interview with Partners

ソフトウェア資産の「ライセンス管理」への関心が高まっている。株式会社日立情報システムズが提供する「License Guard」は、緻密な管理を実現できるだけでなく、日立のIT資産管理ツール「JP1/NETM/DM」と連携し、ソフトウェア資産のライフサイクル管理可能とする。
記事へ

Open Middleware実践講座 ユーザーの質問にお答えします

仮想化したことで、データのバックアップ容量が増え時間もかかるようになりました。何か効率の良い方法は?
記事へ

Product Review

メジャーバージョンアップにより新たなビジネス価値の提供をめざす「HiRDB Version 9」新登場
記事へ

  • Cover Story
    Is it a ball or Japanese sweet?


    「働く人」シリーズ第2回はバスケットボール審判員です。第1回を覚えていますか? このシーンをただのスポーツの光景と捉えるか、想像力で別のシーンを想像するかは、あなた次第です。