JP1/Integrated Management - Service Support 構築・運用ガイド

[目次][用語][索引][前へ][次へ]

2.4 案件の検索

JP1/IM - Service Supportに登録された案件を,さまざまな条件を指定して検索できます。検索条件の指定はメイン画面(案件一覧)の簡易検索エリアおよび[案件検索条件指定]画面で,検索結果の表示は[案件検索結果一覧]画面で行います。ただし,次の案件は検索の対象外となります。

次に,検索範囲および検索条件の指定,ならびに検索結果の表示について説明します。

<この節の構成>
(1) 検索範囲および検索条件の指定
(2) 検索結果の表示

(1) 検索範囲および検索条件の指定

メイン画面(案件一覧)の簡易検索エリアでは,検索条件の文字列を入力し,検索ボタンを選択することで簡易検索を実行します。案件を簡易検索する手順については,マニュアル「JP1/Integrated Management - Service Support 操作ガイド」を参照してください。

[案件検索条件指定]画面では,検索範囲および検索条件を次の方法で指定できます。

表2-12 検索範囲の指定方法

指定項目 説明
対象システム 検索範囲とする対象システムを,コンボボックスから選択する。
プロセス 検索範囲とするプロセスを,コンボボックスから選択する。

表2-13 検索条件の指定方法

指定項目 説明
文字列 テキスト入力した項目を条件に指定する。検索したい項目をコンボボックスで選択し,記入した文字列と部分一致する案件を検索する。
次の特殊文字を使い,検索条件に指定できる。
  • 「_」:アンダーバー。任意の1文字。
    「a_c」と指定して検索すると,「aac」,「abc」などの案件が検索される。
  • 「%」:パーセント。0文字以上の任意の文字列。
    「a%c」と指定して検索すると,「ac」,「abc」,「abbbc」などの案件が検索される。
選択 重大度,影響度などに,コンボボックスから選択した値を条件として指定する。[選択]ボタンを押すと,[コード選択]画面が表示され,条件として指定したい項目が選択できる。NOT検索のチェックボックスにチェックした場合,NOT検索となる。
複数選択された選択肢コードはすべてOR条件となる。例えば,属性条件指定が「すべての条件を満たす」(AND検索)の場合,検索条件指定方法「選択」の項目Aで選択肢コード「a1,a2,a3」を,項目Bで選択肢コード「b1,b2,b3」を選択すると,検索条件は「(a1 or a2 or a3) AND (b1 or b2 or b3)」となる。
日時 発生日時,登録日時などに,日時を条件として指定する。
数値 費用(予算),費用(実績)などに,数値を条件として指定する。
ユーザーまたはロール 登録者,担当者などに,ユーザーまたはロールを条件として指定する。

これらの条件を組み合わせることで,検索結果を絞り込めます。

「キーワード条件指定」および「属性条件指定」のそれぞれに,「すべての条件を満たす」(AND検索)または「いずれかの条件を満たす」(OR検索)の検索方法を選択できます。「キーワード条件指定」と「属性条件指定」を検索条件として指定した場合,「キーワード条件指定」の指定条件と「属性条件指定」の指定条件をAND条件で検索するか,OR条件で検索するかは,「キーワード条件指定」および「属性条件指定」で,「すべての条件を満たす」または「いずれかの条件を満たす」のどちらを選択したかによって異なります。「キーワード条件指定」および「属性条件指定」の関係を次の表に示します。

表2-14 「キーワード条件指定」および「属性条件指定」の関係

キーワード条件指定での選択項目 属性条件指定での選択項目 検索方法
すべての条件を満たす すべての条件を満たす AND条件で検索する
すべての条件を満たす いずれかの条件を満たす AND条件で検索する
いずれかの条件を満たす すべての条件を満たす AND条件で検索する
いずれかの条件を満たす いずれかの条件を満たす OR条件で検索する

なお,[案件検索条件指定]画面を呼び出す際,メイン画面(案件一覧)のプロセスワークボード一覧から,最上位の[プロセスワークボード],対象システムおよびプロセスワークボードのうち,どれを選択するかによって,検索条件の指定項目および検索範囲が異なります。検索条件の指定項目および検索範囲の違いを,次の表に示します。

表2-15 検索条件として指定できる項目および検索範囲の違い

プロセスワークボード一覧で選択した項目 検索条件として指定できる項目 検索範囲
最上位の[プロセスワークボード] すべての案件の表示項目 JP1/IM - Service Supportに登録されているすべての案件。なお,表2-12で示した検索範囲の指定方法で,検索範囲を変更できる。
対象システム すべての案件の表示項目 選択した対象システムに登録されている案件。なお,表2-12で示した検索範囲の指定方法で,検索範囲を変更できる。
プロセスワークボード 選択したプロセスワークボードに設定された案件の表示項目 選択したプロセスワークボードに登録されている案件。
注※
表示項目は,案件検索用の案件フォームで定義されています。各プロセスで作成,表示される案件の項目をカスタマイズした場合や,使用頻度に合わせて表示項目を減らしたい場合には,案件検索用の案件フォームをカスタマイズする必要があります。カスタマイズ手順については,「7.7 案件フォームのカスタマイズ」を参照してください。

注意事項
削除待ちのプロセスワークボードに登録されている案件は検索の対象になりません。

対象システムを選択した場合およびプロセスワークボードを選択した場合の,[案件検索条件指定]画面を次の図に示します。

図2-13 [案件検索条件指定]画面

[図データ]

(2) 検索結果の表示

簡易検索の結果,または[案件検索条件指定]画面で指定した条件に従って,検索結果が[案件検索結果一覧]画面に表示されます。

[案件検索結果一覧]画面を次の図に示します。

図2-14 [案件検索結果一覧]画面

[図データ]

[案件検索結果一覧]画面のデフォルトの表示順は,登録日時の降順です。なお,検索条件に当てはまる案件が100件以上ある場合,案件は100件だけ表示され,超過した案件は表示されません。検索結果が100件を超過した場合,検索結果件数に「100+件」と表示されます。101件目以降の検索結果を表示したい場合は,検索条件を追加してさらに検索結果を絞り込む必要があります。例えば,100件目の登録日時を確認し,[再検索]ボタンをクリックします。[再検索]ボタンをクリックすると,検索時の条件が入力された[案件検索条件指定]画面が表示されます。そこに100件目の登録日時以前の日時を,検索条件に追加して再度検索します。

次に,[案件検索結果一覧]画面でできる操作について説明します。

案件の再検索
[再検索]ボタンをクリックすると,検索時の条件が入力された[案件検索条件指定]画面が表示されます。簡易検索の結果から再検索を行った場合は,検索時の条件が,[案件検索条件指定]画面のキーワード条件指定に入力された状態で表示されます。新たな検索条件を追加して,検索結果をさらに絞り込むことができます。
案件のCSVファイル出力
[CSV]ボタンをクリックすると,検索結果の一覧で,チェックした案件をCSVファイルに出力できます。また,複数の案件をチェックして出力することもできます。CSVファイルの出力については,「2.10 案件情報をCSVファイルに出力」を参照してください。
表示内容からの情報呼び出し
「タイトル」,「担当者」のアンカーをクリックすると,詳細または関連情報が表示されます。