本文へジャンプ

ミドルウェア

uVALUE 実業×IT

Hitachi

レスポンス低下を未然に防ぎ、すばやい原因究明を支援する!

レスポンスの低下をすばやく把握できていますか?レスポンスの低下は業務が停止しているのと同じです。

システムの規模が拡大し、複雑になっている現在、業務での異常発生やレスポンス低下の原因特定に多くの時間を要する場合があります。これでは大切なビジネスチャンスが失われてしまいます。

このような場合、JP1/PFMを使えば業務の異常発生を未然に防ぐことができます。JP1/PFMは、レスポンス低下に陥る前に、異常をアイコンの色の変化で警告したり、管理者にメール通知をすることで、迅速な対処を支援します。さらに、レスポンス低下に関するCPU使用率やOSのメモリー使用量が見やすいレポートによってひと目でわかり、すばやい原因究明が可能になります。

図:レスポンス低下につながる事象(しきい値超過など)をアラーム通報やメール通報ですばやく把握

レム男くん

っていうことなんだよ。

新人オペレータくん

なるほどー。
これなら、具体的に「どのシステム」の「どのサーバ」で異常発生しているか、とか
レスポンス低下が起きそうか、とかがすぐわかりますね!

レム男くん

その通り!
不測の事態が起きたとしても原因究明まですばやくできるんだよ。

ネム子さん

レム男くんが、すごく成長した感じがするわ。
まぁ、覚えたての知識だろうから、明日には忘れてるんだろうけど。

レム男くん

・・・・。

JP1/PFMについてご紹介

かんたんマニュアル「さっそく使える! サーバ監視」のご紹介

統合システム運用管理 JP1 Version 9 さっそく使える! サーバ監視 表紙画像

JP1/Performance Management の基本的な機能と操作イメージをご紹介しているマニュアルをご用意しています。 JP1/Performance Managementをはじめて利用される方にご活用いただけます。

標準価格(Windows®版)

JP1/Performance Management - Manager 315,000円〜 (税抜 300,000円〜)(*2)
JP1/Performance Management - Web Console 105,000円    (税抜 100,000円)
JP1/Performance Management - Base   31,500円    (税抜   30,000円)
JP1/Performance Management - Agent Option for Platform   73,500円    (税抜   70,000円)
(*2)
管理対象ノード数によって、価格が変動します。

「JP1 News」のご紹介

「JP1 News」メール購読の申し込み

毎月1回発行しているメールサービス「JP1 News」でも、ネム子さん、レム男くん、新人オペレータ君の3名をナビゲータにJP1の各ソリューションのポイントや導入メリットなどをご紹介しています。ご購読を希望される方はこちらからお申し込みください。