本文へジャンプ

ミドルウェア

uVALUE 実業×IT

Hitachi

業務運用の自動化で「人」のミスを防止し、業務効率もアップ!

会社で日々行われている業務は本当に効率的ですか?定型的な業務にもかかわらず、人手を割いていませんか?

そのような業務に人手を割いて行うと当然人件費がかかりますし、ミスが発生する恐れもあります。しかし、このような状況をJP1/AJS3なら、ポリシーに基づいたシステム運用や業務の自動化によって、ミスを防ぎビジネスのスピードアップとコスト削減が可能です。

例えば、データ集計からファイル送信を含む日々の定型業務を自動化することで、業務の運用コスト削減が可能になります。さらに、拠点と連携して全社規模で業務を自動化すれば、作業効率・生産性の向上が期待できます。

図:JP1/AJS3による業務運用の自動化

レム男くん

業務を自動化できると、他の仕事をする時間がとれるから大助かりでしょ。

ネム子さん

そうね。自動化することで、コスト削減と業務効率の向上ができるなんて一石二鳥ね♪
友達の会社もJP1/AJS3を導入すればいいのに。

レム男くん

ホントだね。
導入されていれば、ネム子さんの友達も早く帰れるし食事にも行けるのにね!

ネム子さん

なんだか、いつになく肯定的ね。
できるだけ、私が職場にいないようにするつもりじゃないわよね?

レム男くん

(ギクッ・・・。)

JP1/AJS3について動画でご紹介

標準価格(Windows®)

JP1/Automatic Job Management System 3 - View  52,500円    (税抜   50,000円)
JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager(*2) 399,000円〜(税抜 380,000円〜)
JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent(*2) 294,000円〜(税抜 280,000円〜)
JP1/Base  52,500円    (税抜   50,000円)