本文へジャンプ

ミドルウェア

uVALUE 実業×IT

Hitachi

無駄なライセンスを減らしてコストを削減!

会社で使用しているソフトウェアの数やそのライセンス数、さらにそのソフトウェアの利用数を正確に把握できていますか?余分にライセンスを購入していたりしませんか?手作業で把握しようとすると、集計ミスが起こる可能性もあるうえ、時間もかかり非常に大変です。

このような状況をJP1/NETMなら、保有数・利用数・空き数をしっかり見える化し、適正に運用されているかを容易に把握できます。その上、「ボリューム契約」の管理や「アップグレード保障つき」「ダウングレードソフトウェアへの適用可」といったライセンスに関する特記事項などをあわせて管理できます。

また、全体を一括で確認したり、部署やPC・サーバ単位に確認したりできるので規模の大きなシステムでも効率よく状況が把握できます。これによって、ライセンスが余っている部署から足りない部署への再配布も容易になります。

さらに、ソフトウェアの稼働時間を月ごと、部署ごとなどで集計し、あまり使われていないソフトウェアを探し出せます。また、この稼働時間をもとに、あまり利用されていないPCも抽出できます。

図:ライセンスの過不足の把握と再配布

レム男くん

おぉーー!!

ネム子さん

さっきから感心しすぎでしょ!

新人オペレータ君

とまぁ、JP1/NETMなら遊休ライセンスや機器を簡単に探し出せるから、より効果的なIT投資計画ができるんですよ。

ネム子さん

コスト削減はもちろん、使っている分のライセンスをきちんと購入してるって分かるから、コンプライアンス違反を防ぐこともできるわね。

レム男くん

そうだね。
よし、次からは必ず僕がこの仕事をするから任せてね!

新人オペレータ君

前もそんなこと言ってましたよ・・・。

JP1/NETMの紹介

標準価格(Windows®) 〜50台のクライアントを管理する場合

マネージャー(1台) JP1/NETM/DM Manager   530,250 円      (税抜 505,000 円)
JP1/NETM/Asset Information Manager
クライアント(50台) JP1/NETM/DM Client - Base   229,110 円      (税抜 218,200 円)
合計   759,360 円      (税抜 723,200 円)

情報セキュリティ対策についてもっと知りたい方はこちら