ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

クラウド時代のシステム運用管理の課題として、運用担当者の不足や担当者のスキル不足が挙げられます。これらの課題を放置しておくと、運用ミスによるシステムダウンや対策失敗によるシステム停止の長期化という重大な問題を引き起こす危険性があります。重大な問題を引き起こしかねないこれらの課題を解決するためには、運用の標準化と自動化が重要です。

今回、IT運用自動化製品であるJP1/AO*1に、新たな便利部品が追加されましたのでご紹介します。

*1
JP1/AO:JP1/Automatic Operation 10-52

1.これは便利!運用自動化に必須のアイテム

 (定時後、飲み屋にて・・・)

レム男くん
お疲れ様〜。かんぱーい。
ネム子さん
お疲れ様〜。かんぱーい。
新人オペレータ君
お疲れ様〜。かんぱーい。
レム男くん
お二人に、ご報告があります!
このたび、6月末をもって、転職することになりました!
新人オペレータ君
え?そうなんですかぁ?知らなかった〜!
ネム子さん
え?!なんで?会社辞めちゃうの?
レム男くん
そうなんだよ〜。実は・・・、JP1を好きになりすぎちゃって・・・
もっともーっとJP1のことが知りたくなって・・・思い切って日立の面接を受けてみたら・・・なんと!内定をもらっちゃったんだよ〜。
ネム子さん
ちょっと待って。いつも私にJP1のこと、聞いていたのに。
まさか、JP1の開発に携わるなんてことないでしょうね?!そんなことになったら・・・
レム男くん
それは、行ってみないとわからないよ〜。
新人オペレータ君
せんぱーい。一人だけ抜け駆けなんてずるくないですか?ぼくも一緒に連れて行ってくださいよ〜。
レム男くん
何を言っているんだ!君がいなくなったら、この会社のシステム運用はどうなるんだ!君は、システム運用の輝ける星だ! 今期の運用自動化プロジェクトも頼んだぞ!明日に向かって走れ!(青春ドラマ風)
新人オペレータ君
任せてください!・*゜ ヽ(*゜∀゜)ノ.・。*゜(キラリーン)
新人オペレータ君
でも、実は、心配事が1つあるんです。先期の運用自動化プロジェクトで、運用ログファイルのファイル名にファイル更新日時を入れたり、所定のフォルダーに移動したり、いろいろとファイル操作のスクリプトが複雑になって・・・。
レム男くん
心配するな!君には、JP1/AO 10-52がある。10-52には、ファイル更新日時の取得やファイルの移動、ファイル一覧の取得、ファイルサイズの取得、日時の比較、文字列のソート、ファイルの圧縮・解凍といった便利部品がそろっている。
これらを使えば、もう、鬼に金棒、弁慶に薙刀、新人オペレータ君にJP1/AOさ。
ネム子さん
レム男くん!いつの間にJP1のことをそんなに・・・。
もう・・・私は必要ないってこと?
レム男くん
ごめんね、ネム子さん。ネム子さんの気持ちは本当にうれしいんだけど、ぼくはこれからJP1のプロになるんだ。JP1のプロになって、クラウドやビッグデータの未来を明るく照らすんだ。
ネム子さん!わかってくれ。日立がぼくを必要としているんだ。 ごめん、ネム子さん。いい夢見せてもらったよ!あばよっ! 生まれ変わったら一緒になろう。我が生涯に一片の悔いなし!
ネム子さん
行かないで。私を一人にしないで!レム男くんがいなくなったら、私・・・。い・き・て・い・け・な・・・ぃ
お店の人
あの〜・・・。お取り込み中、申し訳ありませんが・・・
ほかのお客さまもおりますので・・・。もう少しお静かに・・・。
レム男くん
すみません m(_ _)m(_ _)m(_ _)m
ネム子さん
すみません m(_ _)m(_ _)m(_ _)m
新人オペレータ君
すみません m(_ _)m(_ _)m(_ _)m

◆IT運用自動化の提案、導入事例をご紹介するセミナーはこちら

◆JP1/AO コンテンツ提供状況:同梱コンテンツ(部品)はこちら

◆みどるちゃんと一緒にJP1/AOについて勉強しよう!

参考標準価格(Windows(R)版) および最新バージョン

JP1/Automatic Operation 10-52 900,000円〜(税別) *2
JP1/Automatic Operation コンテンツセット 10-52 900,000円 (税別)
JP1/Base 10-50 50,000円 (税別)
*2
管理ノード対象数によって、価格が変動します。

◆お知らせ◆

JP1 Newsは、2007年の発行以来、『レム男くん・ネム子さん・新人オペレータ君』と共に、JP1製品の良さを知っていただくメディアとして発展して まいりましたが、今回をもちまして、『レム男くん・ネム子さん・新人オペレータ君』たちのシステム運用管理格闘記は、最終回とさせていただきます。

ご愛読いただきましたみなさまに、心より御礼申し上げます。 今後は、JP1製品のみならず、JP1と組み合せた各種ソリューションも紹介してまいります。 今後とも、末永くご愛顧のほどよろしくお願いします。

(2015.6.17)