ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

本番環境はオンプレミスを利用して、開発・テスト環境はクラウドサービスを利用するという事例が最近増えています。開発・テスト環境から本番環境へのシステム定義の移行の際、ホスト名の変更漏れなどが原因で、ジョブの移行に失敗することがあります。

今回は、このような課題を解決するJP1/AJS3 - DA*1をご紹介します。

*1
JP1/AJS3 - DA:JP1/Automatic Job Management System 3 - Definition Assistant

1.だいジョ〜ブ!ジョブの移行も、JP1におまかせください!

レム男くん
いってってってって・・・。腰が痛い・・・
ネム子さん
土日に、何かやっちゃったの?
レム男くん
スーパーで大量に買い物して、家まで頑張って持って帰ったら、腰を痛めちゃったんだよ。
ネム子さん
車で行かなかったの?
レム男くん
まだ、車を購入してないんだよね。購入したいけど、普段あまり乗らないからな・・・。
ネム子さん
カーシェアリング、利用すれば良かったのに!
レム男くん
その手があったか!
カーシェアリングって、いいよね〜。初期投資がそんなにかからなくて、すぐに利用できて。
まるでクラウドみたいだね。
ネム子さん
そうね。
クラウドって言えば、最近、開発・テスト環境だけクラウドを利用するって話、よく聞くわよね。
レム男くん
そうそう。今、新規のシステム開発でクラウド環境を利用しているんだけど、本番環境へ大量のジョブを移行する際に、失敗しないか不安なんだよね。
ネム子さん
不安にならなくても大丈夫よ。JP1/AJS3 - DAを活用すれば、ジョブの定義を一括変更したり、入力ミスの防止をすることができるの。
レム男くん
JP1/AJS3 - DAってすぐに使えるようになるかな?
ネム子さん
JP1/AJS3 - DAは、ジョブの定義のテンプレートなの。普段利用しているMicrosoft(R) Excelでジョブの変更をするから、使いやすいと思うわ。
ところで、買い物で何買ったの?
レム男くん
えっと・・・お米10kg。鶏肉、たまねぎ、じゃがいも、にんじん。牛乳2本、ルー。
ネム子さん
そんなに買えば、腰を痛める前に手が裂けそうだけど。

◆移行・運用時の課題をJP1/AJS3 - DAで解決する方法はこちら

参考標準価格(Windows(R)版)

JP1/Automatic Job Management System 3 - Definition Assistant 480,000円 (税別)

(2015.2.18)