ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

今回は、スモールスタートに最適なライセンスが登場したJP1/IM-SS*1とJP1/DH*2をご紹介します。

*1
JP1/IM - SS:JP1/Integrated Management - Service Support
*2
JP1/DH:JP1/Data Highway

1.《V10.5》小さく生んで大きく育てる?!システムのスモールスタートにJP1

ネム子さん
レム男くん、何を買ってきたの?
レム男くん
これ?そこの角の洋菓子屋さんでショートケーキを・・・。
今日は先週*3と違って、ネム子さんの分も買ってあるよ!
ネム子さん
ありがとう!気が利くようになったじゃない〜♪
レム男くん
そこで、ひとつ相談があるんだけど・・・。
ネム子さん
そういうことね!どうしたの? もしかして、先日のインシデント管理の件?
レム男くん
そうそう。
試験的に、社内でサンキューカードを導入しているでしょ。「ありがとう」のメッセージを配信するシステムなんだけど、なかなか評判が良いやつ。
ネム子さん
試験的な導入だから、監視なんかも厳密にはしていないのよね。
障害やユーザーからの問い合わせも手動で管理しているんでしょ。 そうしたら、たまたま問い合わせが多かった日に一件対応が漏れて問題になったやつね。
レム男くん
そうなんだ。幸い、すぐに分かって対応できたんだけど・・・。
手動で管理することの難しさを再確認したよ。
ネム子さん
かといって、JP1/IM-SSみたいなインシデント管理製品を導入するまででは・・・ってことよね。
レム男くんったら知らないの?JP1/IM-SSはスターターエディションがあるのよ。管理者の数が3人までだけど、価格も抑えてあるし、小さいシステムならこれで十分じゃないかしら。
レム男くん
そうなの!?試験導入期間が過ぎたら、対応の質も求められるだろうし・・・。導入を検討しようかな〜。
ネム子さん
それがいいと思うわ。
ちなみに、大容量のデータ転送基盤JP1/DHにもスターター版があるわ。30人までのユーザー登録なら、価格が抑えられるの!
レム男くん
大規模なシステムじゃない場合にぴったりだね!
ネム子さん
そうよ。
さて、買ってきてくれたショートケーキをいただこうかしら。 ・・・あら、これは少し小ぶりじゃない?
レム男くん
今日は課の飲み会だから小さい方がいいかと思ったんだけど、ネム子さんにはスモールスタートって概念がないみたいだね。
*3
レム男くんがネム子さんの分を買わなかった塩豆大福の件はこちら!

◆JP1 V10.5 の情報はこちらから

参考標準価格(Windows(R)版)

JP1/Integrated Management - Service Support Starter Edition 600,000円 (税別) *4
JP1/Data Highway - Server Starter Edition 900,000円 (税別)
*4
登録ユーザー数は3固定となります(参照権限のみユーザー数はカウントしない)。
登録ユーザー数を拡張するには、標準版へのアップグレードライセンスが必要です。

(2014.10.22)