ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアプラットフォームソフトウェア

仮想化のもう一つの選択肢・KVM、その宿命

一口に仮想化といっても実現手法は様々です。本コラムでは、Linuxカーネルに含まれる仮想化基盤ソフトウェア「KVM」とは何か、「KVM」による仮想化ソリューションの魅力は何かなど「KVM」から見た仮想化を、近年注目を集めるLinuxと仮想化双方の最前線に立つレッドハット株式会社が語ります。

[第8回] Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform

Red HatはOpenStackの7つ目のバージョン・GrizzlyをベースにRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platform(以降、RHOSP)3.0を2013年6月にリリースし、OpenStackの商用版のサポートを開始しました。Red Hat Enterprise Linuxとの統合を始め、Red Hatの他のソリューションとの連携に大きな期待が集まっています。弊社、Red Hatのクラウドポートフォリオについてご紹介します。

[第7回] 話題のOpenStackとは?

最近各所で話題となっているOpenStackは、オープンソースのIaaS構築ソリューションです。
OpenStackとはどういったもので、何ができるのか、また、なぜそれほど注目されているのでしょうか。今回は、2013年10月17日にリリースされた最新版を含め、OpenStackの基本的な事柄をご紹介します。

[第6回] RHEVでできること

Red Hat Enterprise Virtualization(以降、RHEV)の最新バージョンである3.2ではGUIの刷新が進み大幅な機能強化を実施した結果、仮想化ソリューションの利用シーンで想定される構築、 運用シナリオのほとんどを網羅できるようになりました。そこで、第6回ではその中でも主要な機能を構築、運用のステージに合わせてご紹介します。

[第5回] 仮想化の統合管理を実現するRHEV

Red Hatが提供する企業向け仮想化ソリューションがRed Hat Enterprise Virtualization(RHEV)です。製品の構成と特徴を理解しましょう。

[第4回] スクリプトで仮想化管理・Virsh

Virt Managerによる管理はお手軽ですが、大規模にKVMを活用するにはパワー不足です。そこで、シェルスクリプトを活用して様々な運用・管理作業を自動化するためのツールであるVirshをご紹介します。

[第3回] GUIで仮想化管理・Virt Manager

Red Hat Enterprise Linuxには、仮想化環境を管理するVirt Managerというツールが同梱されます。Virt Managerを活用すれば追加のコストなしに仮想マシンを管理できます。

[第2回] KVMを使ってビジネスの仮想化を

KVMを利用することで商用の仮想化ソリューションにはない数々のメリットを享受することができます。すでに大規模に利用されている事例をベースに、KVMのメリットを改めて確認してみましょう。

[第1回] 仮想化のもう一つの選択肢・KVM

Linuxカーネルに含まれるKVM(Kernel-based Virtual Machine)は、シンプルな設計によるオーバーヘッドの少なさや多くの企業が開発に参加出来るオープン性が大きな魅力です。仮想化はしたもののコストの高さが気になっている、あるいは仮想化を検討している方に向けて、KVMをご紹介します。