本文へジャンプ

ミドルウェア

uVALUE 実業×IT

Hitachi

日立オープンミドルウェアは、お客様に常に最適な状態で安心してお使いいただくため「バージョンライフサイクルポリシー」を制定し、 各製品のバージョン毎に販売期間および標準サポートサービス期間を明確にしています。 また、お客様は長期安定運用を支援する限定サポートサービスまたは延長サポートサービスのご利用により、 システム更改までの準備期間を確保することができます。
本ポリシーをシステム計画にお役立ていただくとともに、お客様システムのライフサイクルに盛り込んでいただくようお願いします。

サポート期間

製品の出荷開始から標準サポートサービスを10年間提供します。
また、標準サポートサービス提供期間終了後も引き続き当該バージョンをご使用のお客様には、 限定サポートサービスまたは延長サポートサービスを提供します。

日立オープンミドルウェア製品のライフサイクルポリシー
日立オープンミドルウェア製品のライフサイクルポリシー


標準サポートサービス :
製品の出荷開始から10年間、販売終了からは5年間提供します。
限定サポートサービス :
標準サポートサービスと同様に問題解決支援,改良版提供,情報提供の役務を提供しますが、 問題対策版(パッチを含む)の提供は、既存の問題対策版の提供のみとなります。 期間は標準サポートサービス終了後、5年間とします。
延長サポートサービス :
標準サポートサービス終了後、標準サポートサービスと同等のサービスが必要なお客様には、個別契約により、延長サポートサービスを提供します。 期間は標準サポートサービス終了後、最長5年間とします。
なお、延長サポートサービスは、標準サポートサービス終了までに個別のご契約が必要です。限定サポートサービスへの移行後はお受けできません。
前提となるOSのサポート期間の終了等により、日立オープンミドルウェアのサービス内容に一部制限が付く場合があります。
導入契約等により、日立オープンミドルウェアのサービス内容に一部制限が付く、またはサービスをご提供できない場合があります。

製品の販売期間

製品はバージョン毎に、販売期間を5年間とします。

標準販売期間を個別に変更する場合があります。
JP1製品群は最新2バージョンを販売し、それ以前のバージョンは販売を終了します。

対象製品

日立オープンミドルウェア全般が本ポリシーの対象となります。

サービスのご提供は、ソフトウェアサポートサービスのご契約が前提です。
なお、弊社が販売する他社製品は本ポリシーの適用外とし、製造元会社のポリシーが適用されます。 また、Hitachi IT Operationsなど一部製品は、個別のポリシーを適用します。 具体的な製品については、サポート契約窓口または、弊社営業までお問い合わせください。