ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

運用標準化

システム運用:インシデント管理、問題管理、変更管理、リリース管理

システムに何らかの問題が発生し、復旧、原因分析、恒久対策というシステム監視に始まる保守作業を行う中で、インシデント管理、イベント管理、変更管理などの案件管理は、システムの稼働品質を均一に保ち、安定稼働させるために重要なことです。特に、仮想環境では、1つのインフラを複数の業務(アプリケーション)で共用するため、保守作業におけるコミュニケーションの重要性は益々高まっています。
しかし、実際の運用管理の現場では、特定の担当者に依存や、情報を共有する仕組みがないなどシステム監視に始まる保守作業に課題を抱えています。

お客様のシステムの問題

たとえば、以下のような点でお困りではないでしょうか?

  • 案件をメールでやり取りしているけど、状況整理に苦労している。
  • 正しいプロセスで、効率良く案件に対処したい。

日立のソリューションなら

JP1/Service Supportで、運用プロセスの標準化に向けた仕組みづくりを支援。発生した問題を漏れなく効率的に解決へ導きます。
多くの案件を「インシデント」として管理して、運用プロセスを統制する枠組みを提供し、発生した問題を漏れなく効率的に解決していく仕組みづくりを支援します。インシデント管理によって、案件の概要・進捗状況・重大度・優先度・作業期間といった情報を担当者間で共有し、各プロセスの処理順序に沿ってエスカレーションしていく運用が可能。正しいプロセスで効率良く案件を解決できます。未処理案件は、自動フォローすることもできるため、案件の対応漏れも防止します。

JP1/Service Supportで、運用プロセスの標準化に向けた仕組みづくりを支援

関連リンク

ソリューションを実現する製品の詳細は、こちらをご覧ください。