ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

運用標準化

システム運用:ITサービスの評価・改善(ServiceNow連携)

近年、企業間の競争は激しさを増しており、競争を勝ち抜くためITの役割は重要度を増しています。企業のITシステムにおいては、運用コストを抑えながら、ビジネス環境の変化に迅速かつ柔軟に対応できる運用管理が求められています。また、ビジネスのグローバル化に伴い、ITガバナンスの強化やリスク管理への備えも不可欠であり、運用プロセスをグローバルで標準化し、IT運用を最適化することが重要となってきています。

運用管理に求められる運用プロセスの標準化と最適化

たとえば、以下のような点でお困りではないでしょうか?

  • 拠点ごとにITサービスの運用プロセスが異なっている。
  • 各種サービス提供時のIT運用が人手で行われ、サービスの提供に時間がかかる。

運用最適化ソリューションなら

運用最適化ソリューションでは、「JP1」の強みであるミッションクリティカルな業務の安定稼働やITシステムの運用監視のための各種機能と「ServiceNow*」を活用しながら、クラウドベースのグローバルITサービスマネジメント・システムの迅速な構築・運用を実現。企業のITサービスマネジメントの最適化を支援します。

*
「ServiceNow」は、企業内で提供される各種サービスをベストプラクティスに基づく標準化された運用プロセスで迅速に実現するSaaS型のITサービスマネジメントプラットフォームです。

業務システムの運用最適化

ITサービスの高度化により運用負荷が増大傾向にあるなかで、ITサービスを維持・発展させるためには、継続的なITサービスの改善が必要になります。また、運用の自動化が進んでいない場合、作業ミスを防止するために担当者が実施しているクロスチェックやエビデンス採取などの作業負荷が高く、これらの運用の効率化も重要になります。
これらの課題を解決するため、日立で培った業務運用ノウハウをソリューションとして提供し、運用管理に関するパフォーマンスの可視化と、プロセスの標準化や煩雑な手作業の自動化を実現することで運用の最適化を支援します。

業務システム運用の課題とその解決支援

インシデント連携

「JP1」が検知した障害を 「ServiceNow」にインシデントとして登録し管理することで、システムの復旧や対策時に行うインシデント管理、問題管理、変更管理、リリース管理の各プロセスを標準化された手順で実行できます。拠点ごとに異なる運用プロセスの標準化や、ベストプラクティスに基づいた運用プロセスの適用を迅速に実現でき、発生した問題を漏れなく効率的に解決へ導くことができます。

障害をインシデントとしてServiceNowに登録し、解決までのプロセスを標準化された手順で実行

ワークフロー連携

「ServiceNow」のワークフローと「JP1/Automatic Operation」のITシステムの変更作業を自動化する機能との連携により、サービスリクエストの申請・承認プロセスの延長で、オペレーターが実施していたITシステムの変更作業を自動化できます。これにより、IT運用作業の標準化による作業品質の統一や作業工数の削減が図れます。
例えば、サービスカタログから仮想マシンの追加申請が行われた場合、管理者による承認後の仮想マシン追加作業を「JP1/Automatic Operation」で自動化することができます。

ServiceNowとJP1/Automatic Operationの連携による、作業の自動化