ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

お客さまのシステム運用を多角的に分析・評価し、日立が長年にわたり培ってきた豊富な運用ノウハウを活かしてお客さまの課題を解決します。

仮想化やクラウド化が進む一方、システム運用はより複雑化、多様化しています。システム運用の現場では、複雑化したシステムに対応できる熟練者の不足や、人的ミスの増加、障害復旧の長期化といった課題への対処が重要性を増しています。
こうした状況の中、お客さまのシステム運用における課題を明確化し、運用状況の「可視化」、プロセスの「標準化」、煩雑な手作業の「自動化」によって、ITシステムの運用品質や提供するサービス品質を確保しつつ、個別最適化から全体最適化へと導くソリューションをご提供します。

個別最適化から全体最適化へ

運用可視化

安定したシステム運用による高品質なサービスを提供するためには、システムの運用状況や運用業務の問題点を把握し、継続的に改善することが重要です。
SLA/KPIに基づいてシステムのサービレベルや運用業務の品質・生産性を可視化することで、実態に基づいた継続的な改善を図ることができます。

ソリューションの適用例

運用標準化

担当者の作業手順が属人的になっていると、ミスや品質のバラつきが発生しやすくなります。
作業プロセスを標準化し、個人のスキルに頼らず品質を担保できるような仕組みを作ることで、作業ミスの削減と作業品質の均一化が可能になります。

ソリューションの適用例

運用自動化

仮想化やクラウド技術によって高度化・複雑化するシステムでは、運用作業が煩雑になり、負荷が増加する傾向にあります。
煩雑な運用作業を自動化することで、高度化・複雑化するシステムに対応できる人員やスキルの不足を補い、運用業務の効率化やスピードアップを図ることができます。

ソリューションの適用例

JP1を新たに導入するお客さまや、すでにご利用になっている運用管理システムから移行するお客さまのために、お客さまのニーズやシステム環境に合わせて、経験豊富な技術者がトータルに支援します。

JP1導入・運用ソリューションの概要

導入

JP1の導入をスムーズに進めるために、要件定義、設計、構築、テスト、本稼働支援、操作教育などを行います。

運用

JP1の導入後も継続して快適にご利用いただけるように、運用改善アセスメント(運用管理システム診断、ジョブ定義改善支援、定期稼働レポート作成支援)などを行います。

移行

すでにご利用になっている運用管理システムからの移行をスムーズに進めるために、移行設計支援、移行作業支援などを行います。