ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

運用自動化

業務システムの運用:業務システムの変更や臨時運用

ビジネスの基盤として欠かせない業務システムは、業務内容の拡張や、経営ニーズからの要請に柔軟に対応することが求められます。ビジネスに大きく影響する業務システムの変更作業は、短期間で確実に実施する必要があります。

業務システム変更時の課題

  • 依頼された業務システムの変更はクロスチェックして慎重に進めている
  • スケジュールの急な変更など至急の依頼はミスが起こりやすい
  • 変更結果の確認と報告書やエビデンスの作成に時間がかかる

業務システム変更時の課題

解決:業務システムの変更に伴う一連の作業を自動化できます。

  • 業務システム変更申請書の内容を読み込んで、業務システムに自動反映します。
  • 業務システムを自動で変更し、変更した結果をファイルに出力します。
  • 業務システムの変更が完了したことを申請者にメールで連絡します。

業務システムの変更に伴う一連の作業を自動化できます。

効果:業務システムの変更を作業ミスなく迅速に行えます。

  • 作業ミスや設定漏れに起因する業務システムの停止・不稼働といったトラブルを防止します。
  • 変更量の多い依頼にも短時間でミスなく対応できます。
  • 業務の再実行や実行時間の変更など、急な依頼にも迅速に対応できます。

ソリューションカタログ