ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

運用自動化

仮想基盤の運用:仮想マシンの構築と運用

ビジネスの変化に応じてタイムリーに構成を変更できる仮想マシンの活用が急速に広がっています。仮想マシンの 増加に伴い、維持・管理するための運用負荷が増大し、運用面での柔軟性やスピードの向上も求められています。

仮想基盤運用の課題

  • 仮想マシンの構築に時間がかかる
  • 台数が多いと至急の依頼に対応できない
  • 障害が発生するとその対応にかかりきりになってしまう

仮想基盤運用の課題

解決:仮想マシンの構築や運用時の各種操作を自動化できます。

  • 仮想マシンの作成からソフトウェアのインストール・設定まで、一連の構築作業を自動化します。
  • 複数台の仮想マシンの構築や、起動・停止、バックアップといった日々の運用作業を一括して実行します。
  • 障害が発生した仮想マシンの設定内容やログの収集といった緊急作業も自動化します。

仮想マシンの構築や運用時の各種操作を自動化できます。

効果:仮想マシンの構築や運用作業を大幅にスピードアップします。

  • 依頼から仮想マシンを提供するまでの時間を短縮できます。
  • 多数の仮想マシンの構築や設定変更など、ミスなく効率的に行うことができます。
  • 障害が発生した仮想マシンの設定内容やログの収集などの初動対応を迅速に行えます。

ソリューションカタログ