ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

通報運用ソリューション with 警子ちゃん

株式会社アイエスエイ社の警告灯(ネットワーク警告灯)と連携し、JP1で検知した障害や問題を「光」と「音」で速やかに自動通知できます。「音」での通知は単にブザーで通知するだけではなく、任意の音声ファイルをご用意いただくことで、障害発生時にわかりやすい音声通知を行うことも可能です。

障害や問題を警告灯が「光」と「音」で速やかに自動通知

また、警告灯が稼働しているかどうかを定期的に監視し、問題発生時には自動的に管理者に通知されます。これにより、通知機器が稼働していなかったために障害が通知されなかったという事態を防ぐことができ、通知システムの信頼性を向上できます。

警告灯の稼働監視により、障害非通知の防止

導入メリット

(1)障害や問題の速やかな自動通知

JP1製品で検知した障害や問題を速やかに自動通知できます。

(2)通知システムの信頼性の向上による確実な通知

警告灯が稼働しているかどうかを定期的に監視できます。*
警告灯が稼働していなかったために障害が通知されなかったという事態を防ぐことができ、通知システムの信頼性を向上できます。
また、管理者が定期的に警告灯の稼働状態を確認する必要がなくなり、運用管理コストや管理者の負担を軽減できます。

*
監視できる稼働状態の詳細については、ご購入前に別途必ずご確認ください。

お問い合わせ先

株式会社アイエスエイ