ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

OpenStackのクラウド基盤運用強化ソリューション

OpenStackは、クラウド運用基盤を構築するためのオープンな技術です。OpenStackを活用することで、社内の仮想マシン、ストレージ、ネットワークといったITリソースを素早く、柔軟に利用者へ提供するIaaS基盤を実現します。
しかし、OpenStackだけで実現するIaaS基盤では、企業ニーズを満たす運用が難しい場合があります。

たとえば、以下のような点でお困りではないでしょうか?

  • クラウド利用者が自由にリソースを変更できるため、同じIaaS基盤上の重要なシステムに影響を与えるリスクがある。また、操作履歴が保存されないため、後から正しい変更だったか等の確認ができない。
  • クラウド基盤の運用には広い分野のスキルと複雑なオペレーションが必要で、運用ミス、運用コスト増大のリスクがある。

日立のソリューションなら

OpenStackの導入から運用までトータルにサポートします。例えば、JP1では運用でのコンプラアンス強化、効率化等の企業ニーズを実現します。

OpenStackのクラウド基盤をJP1で運用強化

コンプライアンス強化

JP1/ServicePortal for OpenStackでは、企業内クラウドの利用者向けに、直感的で操作性の高いポータルを提供します。運用上必要となる審査承認や操作履歴管理など、企業での利用シーンに合わせた機能をご提供します。利用者、管理者双方の運用負担を軽減し、運用の統制も図れます。

運用自動化導入の支援

運用手順書を確認しながら手動で実行していた煩雑なオペレーションを、JP1/Automatic Operationで自動化します。自動化により、運用ミスの低減と効率的な運用に役立ちます。また、日立が培った運用のノウハウをテンプレートとして提供することで、容易な導入を実現。OpenStack環境での仮想マシンの各種設定やバックアップなどに役立ちます。

関連リンク

これまでさまざまなお客さまへのご提案を通して培ってきた実績で、導入の検討段階から構築・運用までご支援します。詳しくはこちらをご覧ください。