ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

問い合わせや障害などの案件に、正しいプロセスで効率よく対処したい

JP1/Service Supportは、利用者からの問い合わせやシステムで発生した障害などの案件について、対応状況や進捗状況を一元管理する製品です。
「インシデント管理」「問題管理」「変更管理」「リリース管理」といったITILサービスサポートのプロセスに沿って案件を管理することでプロセスごとの役割を明確化できます。また、案件ごとの対応状況・進捗状況などを画面上でひと目で把握でき、チーム全体で共有できます。
さらに、メールで受信した問い合わせや、JP1/Integrated Managementで検知した障害情報を案件として自動登録することができ、解決すべき案件の登録漏れを防ぐことができます。影響度や重大度から、案件の優先度や作業期限が自動設定されるため、優先して対応すべき案件が明確になり、案件対応のばらつきを抑制し、チーム内での統制が図れます。

JP1/Service Supportによる案件の一元管理

導入効果

  • 案件への対応が一定期間されない状況が続いたり、作業期限が近づいたりすると、担当者に自動で滞留通知のメールが送られるため、案件の対応漏れを防止できます。
  • JP1/Integrated Managementからの案件の自動登録により、入力作業の負荷を軽減でき、登録漏れや登録ミスも防止できます。
  • 案件の対応履歴を蓄積して参考にできるため、類似案件の障害要因の一次切り分けや対処方法の調査にかかる時間を短縮でき、迅速な対応が可能になります。

製品カタログ