ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

OpenStackによるプライベートクラウドを円滑に運用したい

JP1/Service Portal for OpenStackは、OpenStackで構築されたプライベートクラウドの各種操作を、カタログやウィザードを介して利用者が直接実行できるセルフサービスポータルです。ダッシュボードでリソースの使用状況を把握し、仮想マシンの追加や削除といった操作を利用者自身が行えます。さらに、作業の実施が適正かどうかを判断するための承認プロセスを設けることができるので、運用の統制を図ることもできます。

製品概要

ダッシュボード画面

稼働中の仮想マシンやリソースの使用状況をすぐに把握

カタログ画面

カタログ形式で表示された仮想マシンやディスクの種類を選択するだけで、仮想マシンの作成作業に対応可能

ウィザード

ウィザードに沿って迷わず操作可能

導入効果

  • 利用者のニーズに合わせた使いやすいダッシュボード、カタログ、ウィザードおよび承認プロセスなどを備えたポータルによって、利用者、管理者双方の運用負担を軽減し、円滑なクラウド運用を支援します。
  • 必要に応じて、仮想マシンの追加・変更・削除を利用者自身が実施できるので、プライベートクラウドの利便性が向上します。