ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

システム性能を監視し、システムを安定稼働させたい

JP1/Performance Managementは、OS、データベース、各種アプリケーション、仮想環境など、さまざまな監視対象から稼働情報を収集し、パフォーマンス低下の事前検知や、チューニングに役立つレポート出力などにより、システムの安定稼働を支援する製品です。オンプレミス、クラウドの両環境に対応し、監視対象が多岐にわたっていても、それぞれの監視専用ツールを使わずに効率よく監視できます。
システムの稼働状況と蓄積された過去の稼働実績データが時系列で比較表示されるため、これらの情報を相対的に評価できます。将来ボトルネックになりそうな箇所を特定でき、勘に頼らないキャパシティプランニングを行えます。

紹介ムービー

システム監視をはじめませんか?

システム監視をはじめませんか?

仮想環境でも稼働状況をしっかり監視できます。

仮想環境でも稼働状況をしっかり監視できます。

製品概要

JP1/Performance Managementによるサーバ、アプリケーションの稼働状況の監視

導入効果

  • サーバで稼働しているアプリケーションのプロセスやWindowsサービスの死活状況、プロセスごとの稼働情報に加え、ほかの管理ツールで取得した稼働情報も合わせて一元的に管理できます。
  • 定義済みのテンプレートが標準提供されているので、すぐに監視を始められます。また、クイックガイド画面で表示された説明文を参照することで、実運用に合わせた警告条件や異常条件などの設定変更も簡単にできます。
  • エージェント監視とエージェントレス監視を混在させた運用が可能なので、対象となるサーバの重要度に応じて使い分けられます。

製品カタログ