ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

仮想環境やクラウドの利用で集約されたIT基盤の
運用作業を改善し、効率向上を図りたい

JP1/Operations Analyticsは、仮想環境やクラウドの利用によって集約されたIT基盤の運用作業を改善し、効率向上を支援する製品です。
各業務システムで利用しているアプリケーションやサーバ、スイッチ、ストレージなどのIT基盤の構成情報を自動収集して関連づけて可視化できます。また、システムの稼働状況の報告やリソースの配置変更の検討に役立つ情報をまとめたレポートの作成を支援します。障害発生時には、業務システムへの影響や、アプリケーションとリソースで発生している事象の因果関係など、障害要因の特定に必要な情報がわかりやすく表示されます。さらに、復旧対処の候補と、それぞれの対処後の影響内容が表示されるので、最適な対処を検討できます。

製品概要

定常運用時のユースケース

システム稼働状況と構成情報の可視化

各業務システムで利用しているJP1/Automatic Job Management System 3サーバやデータベースなどのアプリケーションのイベント発生状況、IT基盤の稼働状況をダッシュボード画面で監視できます。また、各アプリケーションが、どの仮想マシンや物理サーバに配置されているのかなど、構成や関連を容易に把握することができます。

システム稼働状況と構成情報の可視化

レポート作成支援

レポート作成支援コンテンツを利用することで、システムの稼働状況を報告したり、リソースの配置変更を検討する際のレポートを容易に作成できます。
* サポートサービスご契約者さま専用ホームページからダウンロードできます。

レポート作成支援

障害対応時のユースケース

1.障害発見と緊急度の判断

業務システムの重要度別に稼働状況や障害の発生状況がわかるため、優先順位や緊急度を的確に判断できます。

1.障害発見と緊急度の判断

2.障害の影響把握と関係者への一報

アプリケーション、サーバ、スイッチ、ストレージなどのIT基盤と業務システムとの関係性や障害の影響範囲を把握でき、関係者への迅速な一報が可能です。

2.障害の影響把握と関係者への一報

3.障害要因の調査・分析

障害要因の特定に必要な情報がわかりやすく表示されるため、調査・分析作業を効率よく行えます。

3.障害要因の調査・分析

4.復旧対処の検討

復旧対処候補と、それぞれの対処後の影響内容を確認して、最適な対処を検討できます。

4.復旧対処の検討

導入効果

  • JP1/Automatic Job Management System 3をはじめとしたアプリケーションや、サーバ、スイッチ、ストレージなど、IT基盤の構成や関連性を容易に把握できます。
  • 障害が発生した際には、業務システムへの影響や優先順位、緊急度を判断でき、的確な初動対応を迅速に行えます。
  • 高いスキルやノウハウが必要とされる障害要因の調査・分析作業や対処方法の決定を効率よく行うことができ、障害復旧までの時間を大幅に短縮できます。
  • システムのヘルスチェックやキャパシティプランニングに利用できるレポート作成が容易になります。

製品カタログ