ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

運用手順を可視化・共有化し、迷わず業務をこなせるようにしたい

JP1/Navigation Platformは、運用手順やノウハウを可視化・共有化し、担当者に的確な操作をナビゲートする製品です。担当者は、運用手順の流れを示すフローチャートと、各ステップの作業内容を文章や図で説明するガイダンスを参照することで、作業を確実に実施できます。運用手順の作業履歴をもとに、作業ごとの実行回数・実行時間・エラー回数を自動的に集計して表示します。これにより、時間がかかっている部分や入力ミスが多いところなど、つまずきやすい作業を特定できます。また、改善が必要な運用手順を画面上で変更して、担当者間で共有できるため、改訂内容の周知・徹底を効率化でき、継続的な業務改善につなげられます。

JP1/Navigation Platform業務実行画面

導入効果

  • 運用手順を可視化・共有化することで、担当者の入れ替わりが多い現場でも、熟練者のノウハウ共有が容易になり、教育期間を短縮できます。
  • 運用手順を参照して実施した作業は、履歴として記録されているため、作業実施報告のエビデンスとして活用できます。
  • IT運用を自動化するJP1/Automatic Operationと組み合わせて手順書の一部の作業を自動化することで、さらなる効率向上と作業品質の均一化が図れます。

製品カタログ