ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

多様化するシステムを統合的にバックアップし、データを守りたい

JP1/VERITAS NetBackupは、Windows、Linux、UNIXなどのマルチプラットフォームに対応し、仮想環境、データベース、アプリケーションなど幅広い範囲をカバーした統合バックアップを実現する製品です。バックアップの実行から、テープ、ディスクストレージ、クラウドストレージへの保存まで、一連の作業をスケジュール設定して自動化できるので、人為的な作業ミスや作業漏れを防ぎ、確実にバックアップできます。また、セグメント単位で変更があったデータだけをバックアップの対象とする重複排除方式により、バックアップデータの増加を抑制し、バックアップ時間の短縮やネットワークの負荷の低減もできます。さらに、バックアップデータを自動複製して遠隔地に保管することで、万一、広範囲に影響が及ぶ障害や災害などが発生しても、バックアップデータを利用して業務を再開することが可能となります。

紹介ムービー

バックアップデータの消失に備え、かんたんにデータを複製できます。

バックアップデータの消失に備え、
かんたんにデータを複製できます。

製品概要

JP1/VERITAS NetBackupによるバックアップとリストア

導入効果

  • データベースをオンラインでバックアップできるので、業務やサービスを止めないバックアップ運用が可能です。
  • 変更したデータだけを効率的にバックアップできるので、バックアップサーバに保管するデータ量の増加を抑制できます。また、バックアップにかかる時間やネットワークの負荷を少なくする効果も見込めます。
  • 重要度の高いデータや復旧の至急度が高いデータを遠隔地に同時に自動複製できるため、メインサイトのバックアップデータが破損・消失しても、リモートサイトに切り替えての業務継続や、リモートサイトのバックアップデータを利用した早期復旧が可能となります。

製品カタログ