ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

IT資産を適切に管理し、セキュリティリスクから守りたい

JP1/IT Desktop Management 2は、PCやサーバだけでなく、仮想デスクトップやスマートデバイスなど、多様化するIT資産のハードウェア情報、ソフトウェア情報、セキュリティ情報などを自動収集し、一元管理する製品です。
ネットワークに新たに接続された機器や管理機器に対して行われた変更内容を自動的に反映することで、管理情報の更新漏れを防止します。機器にインストールされているソフトウェアのインストール数と保有ライセンス数の過不足がわかるため、ライセンスを適正に管理できます。さらに、管理機器のセキュリティ対策状況をチェックして、セキュリティポリシーに従い自動的に対策します。日常的にセキュリティ対策を徹底することで、セキュリティリスクも軽減できます。

紹介ムービー

IT資産を効率よく一元管理できます。

IT資産を効率よく一元管理できます。
 

スマートデバイスも既存のIT資産と一緒に一元管理できます。

スマートデバイスも既存のIT資産と一緒に
一元管理できます。

製品概要

JP1/IT Desktop Management 2<によるIT資産の一元管理とセキュリティ管理

導入効果

  • 禁止操作の設定、操作ログの設定など、さまざまなセキュリティポリシーを設定することで、ウィルス感染、不正アクセス、情報漏えいなどのセキュリティリスクからIT資産を守ります。
  • 機器やライセンスなどのIT資産情報と、契約情報(契約種別、契約期間、契約書の電子データなど)を、関連付けて管理し、契約期限が切れる前に通知するため、適切なタイミングで契約の更新を実施するのに役立ちます。
  • 計画的なスケジュール設定によるソフトウェアの事前配布や、ソフトウェアのインストール条件を満たしているかの事前チェックなど、きめ細かい機能を備えているため、大規模システムで一斉にソフトウェアをバージョンアップしたり、入れ替えたりする作業の効率向上が図れます。

製品カタログ

JP1/IT Desktop Management 2 かんたん導入のご紹介

JP1/IT Desktop Management 2 かんたん導入のご紹介
(PDF形式、約1MB)
JP1/IT Desktop Management 2の導入に際して、構築作業を経験豊富なJP1の技術者が実施するサービスを紹介しています。
必要な知識を短時間で習得いただける操作トレーニングや、運用開始後の疑問点や不明点をスピード解決する問題解決サポートで、お客さまが短期間で運用を始められるよう支援します。

関連情報

本製品はご導入に際して、ご注意いただく点がございます。詳細は弊社営業までお問い合わせください。

Windows 10のサービシングモデルについて

  • Current Branch for Business(CBB)およびLong Term Servicing Branch(LTSB)に対応しています。
  • Current Branch(CB)には対応していません。