ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

システム内で発生するさまざまなイベントやログを集中して監視したい

JP1/Integrated Managementは、システム全体が問題なく動作しているかどうかを集中監視する製品です。また、システムを統合管理するための基盤となる製品です。
オンプレミス、クラウドの両環境での監視が可能で、Windows、Linux、UNIXなどの各種プラットフォーム上の業務システムの実行状況や、ネットワーク、サーバ(プロセス、リソース)、アプリケーションの稼働状況など、システム内で発生するさまざまな事象(イベント)やログを集中監視します。膨大な数のイベントを集約して表示したり、イベントの転送自体を抑止したり、フィルタリングをすることで、目的に応じて必要なイベントだけを表示でき、重要イベントの見逃しも防止します。さらに、時間帯によって取得するイベントを変更したり、担当業務や担当者の権限によって、監視すべきイベントだけに絞って表示したりできるため、効率よく監視業務を行えます。万一、障害が発生した場合は、システム管理者へ自動通知することで、迅速な対応を支援します。

JP1/Integrated Managementによるイベントやログの集中監視

紹介ムービー

システム監視をはじめませんか?

システム監視をはじめませんか?
 

仮想環境の複雑な構成を把握し、迅速に障害箇所を特定できます。

仮想環境の複雑な構成を把握し、
迅速に障害箇所を特定できます。

特長

迅速な障害対応を支援するJP1/Integrated Management

大量イベント発生時も重要なイベントの見逃しを防止

大量のイベント(イベントストーム)が発生しても、イベントの集約と自動アクションの抑止をすることで、重要なイベントの見逃しを防ぎます。

  • イベントの集約表示
    大量のイベントが発行された場合に、イベントを集約して表示できます。画面が大量のイベントで埋め尽くされないので、重要なイベントの見逃しを防げます。

    重複するイベントは集約し、重要なイベントの見逃しを防止

  • 自動アクションの重複を抑止
    イベントの集約によってメール通知などの自動アクションが何度も実行されないように抑止でき、システム管理者への通知が多発する状況を防げます。
  • イベントの転送を抑止
    大量のイベントが繰り返し発生するケースでは、監視対象から統合管理マネージャーへのイベントの転送自体を抑止して、サーバやネットワークの負荷を軽減し、監視運用全体への影響を抑えられます。

監視しやすいメッセージ表示で対応漏れを防止

メッセージを「見やすく」「わかりやすく」表示し、重要なイベントの見逃しや認識誤りを防止します。

  • メッセージフォーマットの統一表示
    さまざまなシステムからさまざまなフォーマットで発行されるイベントのメッセージを、日付、時間、メッセージの表示位置を揃えるなど、システム管理者が監視しやすいように変換できます。視認性が向上することで、重要なイベントの見逃しを防げます。
  • メッセージテキストの変換
    メッセージテキストを運用に合わせたわかりやすい内容に置き換えられます。システム管理者の認識誤りを防ぎ、対処しやすくなります。
  • さらに便利なカスタマイズ「システム名や業務名の表示」
    システム名や業務名などをイベント情報に付加して表示できます。「どのシステム」や「どの業務」に関わるイベントなのかを調査する手間が省けるため、より迅速に対応できます。

    メッセージを分かりやすい表示にカスタマイズ

導入効果

  • システム全体のイベントを1つのコンソール画面で確認できるので、システムごとに管理する場合と比べ、管理者の負担を軽減できます。
  • 複雑なシステム構成でも、システム管理者が見たい形にグループ化してビジュアルな画面で監視できます。障害が発生するとアイコンの色が変わるので、障害発生箇所の特定が容易です。
  • エージェント監視とエージェントレス監視を混在させた運用が可能なので、対象となるサーバの重要度に応じた適切な監視が可能です。

製品カタログ