ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

情報漏えいを未然に防ぐセキュリティ対策で、
安全に情報を利用したい

JP1/秘文は、情報の不正な持ち出しや、人的ミスによる情報漏えいを未然に防ぎ、安全な方法で情報を利用するためのセキュリティ対策製品です。社内にある機密情報の不正な持ち出しや、組織内外の関係者間での情報共有時に起こりうる情報流出を「出さない」「見せない」「放さない」の3つの視点で対策することで、さまざまな情報漏えいリスクを見据えた着実なセキュリティ対策を実現できます。
利用者の判断に任せない管理者主導のセキュリティ対策が可能なため、不正利用を意図した情報漏えいを回避するだけでなく、データの送受信や組織外へのデータの持ち出しなど、さまざまな業務で起こりうる過失的な情報漏えいのリスクも低減できます。

紹介ムービー

許可なしでの情報持ち出しは禁止に。

許可なしでの情報持ち出しは禁止に。

導入効果

  • データ持ち出し時のデバイスやネットワークを制御し、不正な持ち出しを防止できます。また、持ち出す操作をログに残せるので、ログ管理を周知することで不正行為の事前抑止にもなります。
  • ドライブ、メディア、ファイルを暗号化できるので、万一情報が流出しても、第三者に内容を読み取られる心配がありません。
  • 安全性を確認できないプログラムが、機密データやディスク管理領域へアクセスすることを禁止できるので、ランサムウェアなどのマルウェアから社内の重要データを守れます。
  • 情報共有を目的としたファイルは参照以外の操作を禁止し、渡したあとでも必要に応じて閲覧を停止できるので、情報の拡散を防止できます。

製品カタログ

JP1/秘文 Device Control かんたん導入のご紹介

JP1/秘文 Device Control かんたん導入のご紹介
(PDF形式、約1MB)
JP1/秘文 Device Controlの導入に際して、構築作業を経験豊富なJP1の技術者が実施するサービスを紹介しています。
必要な知識を短時間で習得いただける操作トレーニングや、運用開始後の疑問点や不明点をスピード解決する問題解決サポートで、お客さまが短期間で運用を始められるよう支援します。

エンドポイントのマルウェア対策

ランサムウェアの脅威は、進化する「JP1/秘文」で守る!
(PDF形式、約2MB)
昨今、ランサムウェアの脅威が拡大し、その手口は巧妙化が進み、マルウェアの侵入を完全に防ぐことは困難です。
データ破壊などの攻撃から大切なデータを守るJP1/秘文のランサムウェア対策をご紹介しています。

テレワークにはJP1/秘文でセキュリティ対策!

安心してテレワークを行うためのセキュリティ対策はできていますか?
(PDF形式、約1MB)
時間や場所にとらわれない働き方を実現するテレワーク。
安全にテレワークを行うために、JP1/秘文が提供するセキュリティ機能を紹介しています。

関連情報

本製品はご導入に際して、ご注意いただく点がございます。詳細は弊社営業までお問い合わせください。

サポート範囲

iKeyによる認証を使用する場合の対応USBキー
SafeNet社のiKey1000

Windows 10のサービシングモデルについて

  • Current Branch for Business(CBB)およびLong Term Servicing Branch(LTSB)に対応しています。
  • Current Branch(CB)には対応していません。

Windows 8.1のWIMBoot機能について

  • Windows 8.1 UpdateのWindowsイメージファイルブート(WIMBoot機能)には対応していません。
    WIMBoot機能を使用したPCかどうかについては、[コンピュータの管理]-[記憶域]-[ディスクの管理]でCドライブの[状態]に「Wim ブート」と記載されているかどうかで判断できます。