ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

日々のIT運用を自動化し、
オペレーションミスの防止や効率向上につなげたい

JP1/Automatic Operationは、システムにおける日々のIT運用を自動化する製品です。人の判断が必要なため自動化しづらい運用も、応答を入力する処理を入れることで自動化できます。サーバの稼働状況の確認やサーバの起動・停止・再起動といった日々の業務、仮想マシンの追加・削除や、障害発生時の復旧業務といった不定期に発生する業務など、複雑な作業や時間を要する作業も含めてさまざまなIT運用を自動化できるため、作業時間の短縮と効率向上を図れます。

紹介ムービー

人手不足やスキル不足による課題を解決!運用を自動化しよう。

人手不足やスキル不足による課題を解決!
運用を自動化しよう。

運用例

JP1/Automatic Operationで自動化できるIT運用例

JP1/Automatic Operationで自動化できるIT運用例

導入効果

  • OSの更新プログラムの適用やサーバの起動など、手間のかかる日々のIT運用を自動化することで作業工数を削減できます。
  • 複雑な作業や実行頻度の低い作業で発生しがちなオペレーションミスを排除できるなど、作業品質を向上できます。
  • 専門知識やノウハウが必要なIT運用を自動化することで、担当者の経験やスキルに左右されない高品質で効果的なIT運用を実現できます。

ソリューションカタログ

製品カタログ