ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

Intelligent Governance | 資産・配布管理

JP1/IT Desktop Management 2

IT資産を適切に管理し、セキュリティリスクから守りたい

製品概要

JP1/IT Desktop Management 2は、PCやサーバだけでなく、仮想デスクトップやスマートデバイスなど、多様化するIT資産のハードウェア情報、ソフトウェア情報、セキュリティ情報などを自動収集し、一元管理する製品です。

ネットワークに新たに接続された機器や管理機器に対して行われた変更内容を自動的に反映することで、管理情報の更新漏れを防止します。機器にインストールされているソフトウェアのインストール数と保有ライセンス数の過不足がわかるため、ライセンスを適正に管理できます。さらに、管理機器のセキュリティ対策状況をチェックして、セキュリティポリシーに従い自動的に対策します。日常的にセキュリティ対策を徹底することで、セキュリティリスクも軽減できます。

製品概要

紹介ムービー

IT資産を効率よく一元管理できます。

IT資産を効率よく一元管理できます。
 

スマートデバイスも既存のIT資産と一緒に一元管理できます。

スマートデバイスも既存のIT資産と一緒に
一元管理できます。

IT資産管理:手間をかけずに正確かつ適切な管理でIT資産を有効活用

IT資産の一元管理

ネットワーク経由で、ハードウェアやソフトウェアの情報を自動収集します。また、ネットワークに常時接続していないノートPCやリモートワークで社外に持ち出したノートPC、 スマートデバイスも管理できます。さらに、契約情報(契約種別や期限など)を登録して、IT資産情報と関連付けて管理できます。

IT資産管理:手間をかけずに正確かつ適切な管理でIT資産を有効活用

ソフトウェアライセンスの管理

PCにインストールされているソフトウェアの情報を自動収集できます。ソフトウェアのライセンス保有数、ライセンス消費数、残数を表示できるため、ライセンス違反をしていないことの証明に役立ちます。また、ソフトウェアをインストールしているのに、ライセンスの割り当てがないPCも特定できます。

ソフトウェアライセンスの管理

契約情報の管理

契約種別、契約開始日、契約終了日、契約状態といった契約情報と、IT資産を関連付けて管理できます。契約書をスキャンした電子データを契約情報の添付データとして保存できるので、実際の書類を探さなくても、画面上ですぐに契約書の内容を確認できます。

機器のリモートコントロール

離れた場所にあるPCでトラブルが発生した場合、現場に行かずに自席からリモートコントロールできます。必要なファイルやデータを接続先のPCとやり取りしたり、リモートコントロールの作業記録を録画しておき、あとでほかの利用者にレクチャーしたりすることもできます。

ソフトウェアの配布・インストール

遠隔地にある社内のPCやサーバに、自動でソフトウェアを配布・インストールできます。特定の部署に範囲を限定してソフトウェアを配布したり、配布・インストールの日時を指定したりするなど、さまざまな設定ができるため、きめ細かい運用が可能になります。

ソフトウェアの配布・インストール

スマートデバイスの管理

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスから情報を収集して、PCやサーバなどのコンピュータと一緒に管理できます。また、アプリケーションのインストールや、パスコードのリセットといったスマートデバイスへの操作を管理者側からできるので、紛失時にはロックや初期化をするなどの制御もできます。

スマートデバイスの情報収集

スマートデバイスのOS、シリアルナンバー、契約電話番号などの情報を収集できます。収集したスマートデバイスの情報は、PCやサーバなどの情報と一緒に一元管理できます。

スマートデバイスの情報収集

*
iOS 10.0以降またはAndroid 6.0以降が対象です。対応状況の詳細は、マニュアルでご確認ください。

スマートデバイスの制御

スマートデバイスを制御することで、業務で使用する際に起こり得るリスクを未然に防ぐことができます。
たとえば、利用者がスマートデバイスを紛失した場合に、利用されないようにロックしたり、情報漏えいを防ぐために初期化するなどの操作を離れた場所から実施できます。また、利用者がパスコードを忘れた際にリセットすることもできます。
業務に必要なアプリケーションを強制的にインストールすることも可能です。

スマートデバイスの制御

セキュリティ管理:タイムリーな情報収集とセキュリティ対策で健全なPC管理を支援

セキュリティ対策の徹底

管理しているPCから情報を収集。「セキュリティ脆弱性に関するリスク」「禁止操作に関するリスク」「情報漏えいに関するリスク」など、各PCのセキュリティリスクに対する対策状況を把握し、適切に対処できます。

セキュリティ対策の徹底

操作ログの取得

情報漏えいのリスクがある「社外Webサイトへのアップロード」「メール送信」「USBメモリーへのコピー」といった、内部情報を社外に持ち出す操作を検知して、不審操作として管理者に通知できます。また、これらの操作を記録、追跡できます。

操作ログの取得

USBメモリーの使用制限

社内のIT資産として使用を許可したUSBメモリー以外は使えないようにすることができます。個人所有などのUSBメモリーは、PCに接続しても使用できないので、USBメモリーを介した情報漏えいの防止に役立ちます。さらに、使用を許可したUSBメモリーに保存されているファイル名も確認できます。

ネットワーク接続の制御

管理対象ではないPCのネットワーク接続を拒否することができます。これにより、個人所有のPCなどが不用意に社内ネットワークに接続することを防止できます。また、管理対象PCのセキュリティ対策ができていることを確認してから、ネットワークへの接続を許可するといった運用を自動化できます。

ウィルス対策の徹底

セキュリティ対策ができているかを確認し、不備のあるPCにはメッセージの通知によって対策を促すことができます。さらに、ウィルス対策製品のバージョンが古くて危険なPCには、新しいウィルス対策製品を配布・インストールできます。

ウィルス対策の徹底

Windows更新プログラムの適用管理

Windows自動更新の設定が無効になっているPCは、自動的に有効にして、最新のWindows更新プログラムを適用できます。また、適用させたくないWindows更新プログラムがある場合は、特定のWindows更新プログラムだけを配布・適用することも可能です。

Windows更新プログラムが適用されていないPCに自動で配布・適用

Windows更新プログラムを入手して、各PCに配布・適用できます。管理用サーバがインターネットに接続できる場合は、すべて自動で行います。

Windows更新プログラムの適用管理

新しいWindows更新プログラムが提供されると、更新プログラム一覧に自動で追加されます。これにより、現在提供されているWindows更新プログラムを簡単に把握できます。

Windows更新プログラムの適用管理

Windows更新プログラムを自動的に配布するためには、サポートサービス契約が必要です。

カタログ・資料

関連情報

本製品はご導入に際して、ご注意いただく点がございます。 詳細は当社営業までお問い合わせください。

Windows 10のサービシングモデルについて

  • Current Branch for Business(CBB)およびLong Term Servicing Branch(LTSB)に対応しています。
  • Current Branch(CB)には対応していません。