ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

Intelligent Automation | ジョブ管理

JP1/Client Process Automation

RPAの利用も含めた一連の業務プロセスを自動化したい

RPA:Robotic Process Automation

製品概要

JP1/Client Process Automationは、RPA製品が実行する業務を含め、PCで行う定型業務の実行スケジュールや実行順序を制御する製品です。

PCで行う一連の業務を自動化

RPA製品で行う業務や、表計算ソフトを使った手作業でのデータ集計、ファイルやメールの送受信など、PCで行う定型業務を事前の準備作業や後処理とあわせて一連の業務として自動化できます。高度なコーディングスキルがなくても、「いつ」「何を」「どの順番で」実行するか、あらかじめ用意されたアイテムをつないで定義するだけで、手順の標準化と自動運用が可能になります。これにより、手戻りやミスを防止して作業時間を短縮でき、PCで行う定型業務の品質向上と効率化が図れます。

PCで行う一連の業務を自動化

便利で実用的なスケジュール機能

「営業日だけ実行」「休業日だけ実行」「月末最終営業日の9時に実行」など、営業日や休業日にあわせたり、翌営業日に振り替えて実行するなどの柔軟なスケジュールでの自動化が可能です。また、RPA製品ごとに異なるスケジュール設定や実行状況の監視を、統一したインターフェースで行えるため、業務の管理も容易になります。

●実行日のスケジューリング例

便利で実用的なスケジュール機能

1台のPCから始めて、全社レベルの一元管理に拡張可能

PC1台から自動運用を始められます。自動化の優先度が高いPCに導入し、徐々に対象のPCを増やしていくことで、運用を変更することによる影響範囲を局所化して様子を見ながら、自動化する範囲を拡大できます。複数のPCで行う定型業務を一連の流れとして自動化することが必要になった段階で、JP1/Automatic Job Management System 3と連携させることにより、全社レベルでの業務システムの自動化と一元管理を実現します。

● JP1/Automatic Job Management System 3と連携した場合の運用例

業務システム全体の統合と自動化

JP1/Automatic Job Management System 3と連携することで、PCで行う定型業務や複数の異なるRPA製品で行う業務と基幹業務をつなぎ、業務システム全体としての自動化と一元管理を実現できます。複数の異なるRPA製品で行う業務の順序性をふまえて、実行順序の制御や自動化ができるので、業務全体としての効率向上が図れます。

業務システム全体の統合と自動化

進捗状況の監視と把握

PCで行う定型業務を含めた業務全体の進捗状況の把握や問題箇所の特定ができます。

進捗状況の監視と把握

システム構成例

システム構成例
JP1/AJS3: JP1/Automatic Job Management System 3
JP1/CPA: JP1/Client Process Automation
JP1/CPA Option for AJS3: JP1/Client Process Automation Option for Automatic Job Management System 3

複数のJP1/Client Process Automationが実行する業務の実行順序や実行状況をJP1/Automatic Job Management System 3 - Managerから一元管理する場合に必要です。

ユースケースのご紹介

RPAの利用も含めて一連の業務を自動化 企業全体の業務効率を向上

柔軟な業務スケジュールでのRPA製品による業務の自動化、異なるRPA製品を適用した業務の一元管理や、バックオフィス業務と基幹業務との連携を実現。企業全体の業務効率向上を支援します。

カタログ・資料