ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

Intelligent Automation | ジョブ管理

JP1/Client Process Automation

RPAの利用も含めた一連の業務プロセスを自動化したい

RPA:Robotic Process Automation

製品概要

JP1/Client Process Automationは、RPA製品が実行する業務を含め、PCで行う定型業務の実行スケジュールや実行順序を制御する製品です。

PCで行う一連の業務を自動化

RPA製品で行う業務や、表計算ソフトを使った手作業でのデータ集計、ファイルやメールの送受信など、PCで行う定型業務を準備作業や後処理とあわせて一連の業務として自動化できます。高度なコーディングスキルがなくても、「いつ」「何を」「どの順番で」実行するか、あらかじめ用意されたアイテムをつないで定義するだけで、手順の標準化と自動運用が可能になります。これにより、手戻りやミスを防止して作業時間を短縮でき、PCで行う定型業務の品質向上と効率化が図れます。

1台のPCから始めて、全社レベルの一元管理に拡張可能

PC1台から自動運用を始められます。自動化の優先度が高いPCに導入し、徐々に対象のPCを増やしていくことで、運用の変更による影響範囲を局所化して様子を見ながら、自動化する範囲を拡大できます。複数のPCで行う定型業務を一連の流れとして自動化することが必要になった段階で、JP1/Automatic Job Management System 3と連携させることにより、全社レベルでの業務システムの自動化と一元管理を実現します。

1台のPCで行う業務を自動化、全社レベルで行う業務を自動化

業務の実行タイミングをきめ細かく制御

業務スケジュールに合わせた自動実行

「営業日だけ実行」「休業日だけ実行」「月末最終営業日の9時に実行」など、業務を実行する日時や実行間隔をきめ細かく指定できます。実際の業務スケジュールに合わせて業務を自動実行できるようになります。

実行日のスケジューリング例

事象の発生を契機とした自動実行

「ファイル作成時に実行」「メール受信時に実行」「Windowsログオン時に実行」など、業務開始の契機となる事象の発生を検知して業務を実行することができます。日時や実行間隔だけではなく、特定の事象の発生と連動した業務の自動実行が可能です。

自動実行の契機の例

自動化する処理の実行順序を制御

決められた順序で確実に実行

実行する順序が決まっている複数の処理について、定義した順序どおりに実行させることができます。先に実行する処理の処理時間にかかわらず、先の処理が終了するのを待って次の処理を開始させることができます。また、複数の処理が終了するのを待ち合わせて、次の処理を開始するといった運用も可能です。

決められた順序で確実に実行

実行結果によって次の処理を自動選択

処理の実行結果によって、その後に行う処理を自動的に変えることができます。例えば、先に実行する処理の実行結果が正常終了の場合は次の処理を実行し、正常終了せずにエラーが発生した場合はリカバリ処理を実行するといった、条件付きの処理も自動化できます。

実行結果によって次の処理を自動選択

実行結果を容易に確認

業務の実行状況をGUIで容易に確認できます。
複数の処理を順序どおりに実行する業務の場合、「開始時刻待ち」「正常終了」「異常終了」などの業務の進捗状況を確認できるだけではなく、異常終了の場合には、実行に失敗した処理と失敗要因も確認できます。業務の進捗状況を確認し、失敗している場合は「再実行」を指定することでスムーズに対処できます。

実行結果を容易に確認

RPAで自動化した業務をより効率的に運用

Windowsへの自動ログオン

「Windowsアップデートで再起動された」「一定時間が経過し画面がロックされた」など、Windowsにログオンしていない状態では、RPAが起動されず予定どおりに処理を実行できない場合があります。Windowsへの自動ログオンとRPA起動を一連の流れで実行することで、わざわざ人がWindowsへログオンしなくても、RPAで行う処理を予定どおりに実行でき、遅延を回避できます。

Windowsへの自動ログオン

複数処理の同時実行による失敗を抑止

RPA製品の中には複数の処理を同時に実行できず、ある処理の実行中に別の処理が開始されると失敗してしまうものがあります。
このような場合に、排他設定を行うことで複数の処理が同時に実行されないように制御できます。処理の開始時間になっても、先に実行した処理が予定どおりに終わらない場合は、先の処理が終了するのを待って次の処理を実行させることができます。

実行結果によって次の処理を自動選択

● 業務システム全体の統合と自動化

JP1/Automatic Job Management System 3と連携することで、PCで行う定型業務や複数の異なるRPA製品で行う処理と基幹業務をつなぎ、業務システム全体としての自動化と一元管理を実現できます。
複数の異なるRPA製品で行う処理の順序性をふまえて、実行順序の制御や自動化ができるので、業務全体としての効率向上が図れます。

業務システム全体の統合と自動化

操作解説ムービー

営業日に沿った業務カレンダーを作成しましょう

営業日に沿った業務カレンダーを作成しましょう
 

RPA製品が実行する業務を含め、PCで行う一連の業務の流れをつくりましょう

RPA製品が実行する業務を含め、PCで行う一連の業務の流れをつくりましょう

一連の業務を毎週最初の営業日、1時から自動実行できるようにしましょう

一連の業務を毎週最初の営業日、1時から自動実行できるようにしましょう

業務の実行結果や進捗状況、今後の実行予定を確認しましょう

業務の実行結果や進捗状況、今後の実行予定を確認しましょう

システム構成例

システム構成例
JP1/AJS3: JP1/Automatic Job Management System 3
JP1/CPA: JP1/Client Process Automation
JP1/CPA Option for AJS3: JP1/Client Process Automation Option for Automatic Job Management System 3

複数のJP1/Client Process Automationが実行する業務の実行順序や実行状況をJP1/Automatic Job Management System 3 - Managerから一元管理する場合に必要です。

ユースケースのご紹介

RPAの利用も含めて一連の業務を自動化 企業全体の業務効率を向上

柔軟な業務スケジュールでのRPA製品による業務の自動化、異なるRPA製品を適用した業務の一元管理や、バックオフィス業務と基幹業務との連携を実現。企業全体の業務効率向上を支援します。

カタログ・資料