ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

お客さまの課題

企業が顧客ニーズの変化に迅速に対応し他社との競争を勝ち抜くために、IoTなどを活用した新たなビジネスの創出やデジタルトランスフォーメーションが求められています。それに応えるためには、従来、業務ごとに個別に最適化されてきたITサービスを見直し、運用の標準化や自動化を進めるなどITサービスの継続的な改善による全体最適化が重要になってきます。

たとえば、以下のような点でお悩みではないでしょうか?

  • ビジネスの拡大や顧客ニーズの変化に迅速に対応できない。
  • IT運用に掛かるコストの妥当性がわからず、IT投資の最適化が図れない。
  • システムごとに異なる運用を統一することが難しく、効率化できていない。

IT運用最適化サービスとは

IT運用最適化サービスは、統合システム運用管理「JP1」とSaaS型ITサービスマネジメント「ServiceNow」を組み合わせ、ITサービスとシステムをつなぐ連携テンプレート、コンサルティング・SIも含めて提供することで、業務プロセスやシステム運用の全体最適化を支援するサービスです。
本サービスにより、業務を横断して連携するなどITサービスを効率的に改善し全体最適化することで、ビジネス環境や顧客ニーズの変化にも柔軟に対応し、ビジネスの拡大に貢献できるようになります。

IT運用最適化サービスの概要

サービス内容

サービス内容
立ち上げ支援サービス 運用状況の可視化・最適な運用の提案・実装
  • コンサルティング(アセスメント〜現状分析、課題整理〜)、要件定義
    • 現状の運用業務の「可視化」・「課題整理とアクションプラン策定」
    • アクションプラン実行による定量的・定性的な効果の判定
    • 機械学習環境の構築支援、適用効果の検証(PoC)
  • コンサルティング(アセスメント〜現状分析、課題整理〜)、要件定義
    • アセスメントでの現状分析結果、抽出された課題を踏まえて、オペレーションの自動化などシステム設計・ 開発・実装までを支援。
継続支援サービス 定期的な運用健全性チェック・更なる改善をサポート
  • 定期的なコンサルティング(アセスメント〜現状分析、課題整理〜)、要件定義
  • 改善に伴うSI(設計、実装、トレーニング)
    • システムへの実装後も、運用まで含めた効率的な改善の提案とシステム環境の整備を継続的に支援。
サービスプラットフォーム 高品質・高効率なサービスプラットフォームを提供
  • ITサービスマネージメントServiceNow(SaaS型)*1
  • 連携テンプレート
  • 統合システム運用管理JP1*2
  • サポート360(JP1・ServiceNow・連携テンプレートをワンストップでサポートする窓口の提供、バージョンアップなど)
*1
サーバリソース・ソフトウェア利用権などが含まれます。
*2
必要となるJP1製品を本サービスとあわせて見積もり・提案しますが、JP1製品は別形名での提供となります。

IT運用への機械学習適用を支援

IT運用最適化サービスでは、IT運用への機械学習適用に関するコンサルテーションから運用改善の実現までの支援も行います。具体的には、大量に発生するイベント情報のエスカレーション判定の自動化や、障害分析の支援、障害予兆の検知などの分野において機械学習適用を支援します。

製品について

JP1

「JP1」は1994年より日立製作所が提供している国内トップクラスの実績を誇る統合システム運用管理ソフトウェアです。現在の運用管理に求められる多様な要件に合わせて進化を続け、オートメーション、モニタリング、コンプライアンスの3つのカテゴリでシステム運用の最適化を通してお客さまのビジネスの継続的な発展を支援します。

ServiceNow

ServiceNowは、サービスマネジメント・プラットフォームを企業に提供する「エンタープライズ クラウドカンパニー」です。ServiceNowは、IT部門だけでなく、人事、経理、ファシリティ、フィールドサービスなどあらゆる組織にサービスマネジメントを提供することにより、人々の働き方を変えていきます。