ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

Windows Updateが急に始まってPCが使えなくなったり、ネットワークが遅くなったり、アプリケーションやプリンタが使えなくなったり…などのトラブルにあった経験はありませんか?

Windows 10は、「進化し続けるOS」として、機能の追加・改善が行われる大型アップデートがWindows Updateで提供されるようになりました。企業でWindows 10を利用する場合、このような大型アップデートに、どのように備えておくべきでしょうか。

Windows 10でアップデートの仕組みは
どのように変わった?

Windows 10では、従来のWindows OSのように数年ごとのバージョンアップではなく、WaaS (Windows as a Service)というサービスコンセプトに基づいて、「機能更新プログラム:FU(Feature Update)」を配信してアップデートする方式に変わりました。

FUがもたらす業務への影響として、企業では次のような懸念事項を想定する必要があります。

Windows 10でアップデートの仕組みはどのように変わった?
主な変更点 説明 想定すべき懸念事項
大型の機能アップデート 最新OSのインターフェースや機能が提供される アプリケーションやプリンタなどが使えなくなる場合がある
ファイルのサイズが数ギガバイトに及ぶ ダウンロードやインストールに時間がかかる
ネットワークにも負荷がかかる
自動更新 Windows Updateで提供され、OSのアップデートの手間がかからない ユーザーが勝手にOSをアップデートできてしまう
短期サイクルでのリリース 年2回の短いサイクルで定期的に提供される(半期チャネルの場合) OSをアップデートする頻度が増加する

FUによるアップデート方式の最大のメリットは「従来より短い間隔で、手間をかけずにOSの最新機能を利用できる」という点ですが、多数のPCを保有している企業にとっては、PCの管理が煩雑になる、PCを使った業務が頻繁に滞る可能性が高まる、という懸念があります。

頻繁に業務が滞る可能性が高まる、組織内でPCの管理が煩雑になる

業務部門では、PCが利用できなくなったりレスポンスが遅くなったりすることで業務の効率が落ちてしまい、
PC管理部門では、業務部門からの問い合わせやトラブル解消の依頼が増え、負荷が増大することが懸念されます。

Windows 10の大型アップデートに備えて
実施すべき3つのポイント

Windows 10の大型アップデートによるトラブルを防ぐために、
PC管理部門が実施すべきポイントを3つ、ご紹介します。

ポイント1FUの適用を統制する

1つ目のポイントは、マイクロソフトからFUが配信されても勝手にPCに適用できないように、ユーザー自身でのWindows Updateを抑止し、適用するFUのバージョン・利用期間のポリシーを定めて、組織内のPC環境を統制することです。

FUの適用抑止

ユーザー自身がWindows Updateを実行できないように、対象PCの設定を変更します。

FUの適用抑止 画像

PCの状況把握と検証が必要なアプリケーションの把握

組織内のPCのディスク空き容量やインストール状況を確認し、動作検証が必要なアプリケーションを調査します。

PCの状況把握と検証が必要なアプリケーションの把握 画像

アプリケーションの動作検証

アプリケーションの動作検証を行い、問題がある場合は改修計画を立てます。

アプリケーションの動作検証 画像

適用するFUのバージョン・利用期間を決定

アプリケーションの改修にかかる期間、コストとWindows 10のサポート期間を考慮して、組織内で適用するFUのバージョン・利用期間のポリシーを決定します。

適用するFUのバージョン・利用期間を決定 画像

新たなFUの提供が開始されても勝手にPCに適用されないように、Windows Updateによる適用を抑止し、FUのバージョンや利用期間のポリシーを定めてコントロールすることで、組織内で利用するPC環境の統制が可能になります。

ポイント2FUの配布・適用をコントロールする

2つ目のポイントは、業務に影響を与えないようにFUの配布・適用をコントロールすることです。

ネットワークの輻輳(ふくそう)や業務の中断が発生しないように、期間を設けて少しずつデータを送り、就業時間を避けて適用するなど計画的な適用統制を行うことが必要です。

FUのダウンロード

ネットワークを圧迫しないよう、PC管理部門側でユーザー配布用のFUを1台のPCにダウンロードします。


FUのダウンロード 画像

FUの配布

PC管理部門から各ユーザーのPCにFUを配布します。サイズが大きい場合は期間を設けて少しずつ配布することでネットワークの負荷を抑制します。

FUの配布 画像

FUの適用

事前に適用スケジュールを決めて、業務への影響がない就業時間外に各PCへ適用します。


FUの適用 画像

FUを配布したり適用するタイミングを制御することで、ネットワーク負荷を軽減し、
業務への影響を抑えて計画的にFUの適用を進めることができます。

ポイント3FUの適用状況を把握し、適正化する

3つ目のポイントは、適用ポリシーに従って、組織内のPC環境が統制されているかをきちんと把握し、違反している場合は適正化することです。

各PCのFUのバージョンを把握して、ポリシーで定めたFUのバージョンが適用されていない場合や、PCのWindows Updateの自動更新が有効になっているなど設定が不適切な場合は、是正するといった統制を行うことが必要です。

FUの適用状況を把握し、適正化する 画像

FUの適用状況を把握し、適正化することで、FUの適用ポリシーに従っていないことによる
業務部門からの問い合わせやトラブル対応を回避できます。

まとめ

多数のPCを保有している企業において、Windows 10の大型アップデートによる業務の中断や効率低下を防ぐためには「1.FUの適用を統制する」「2.FUの配布・適用をコントロールする」「3.FUの適用状況を把握し、適正化する」の3つのポイントを押さえた取り組みが必要です。

これらを継続するには、人手での運用では限界があるため、FUの適用・管理を自動化し、適切なPC環境の維持・管理を効率よく実現できる各種ツールが提供されています。ツールによる自動化や効率化もあわせて検討されてはいかがでしょうか。

Windows 10機能更新プログラムの適用・管理の効率化についてご紹介しています。
詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

カタログ・資料

JP1/IT Desktop Management 2を利用したWindows 10 機能アップデートの運用管理のご紹介(日立ID会員限定(無料))

(PDF形式、約2MB)

Windows 10 機能アップデート前に知っておきたいことして、企業ユーザー向けモデル「半期チャネル」の機能更新プログラム「機能更新プログラム(Feature Update)」の適用プロセスについて紹介しています。

*
資料ダウンロードの際は、事前に日立ID会員サービスに登録する必要があります。