ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

終了したJP1関連セミナーで用いた資料を掲載しています。

IT運用業務に革新をもたらすための自動化とは?

概要 従来のシステム運用では、ビジネス環境の変化に迅速・柔軟に対応することが困難になりつつあります。統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」を活用した自動化によって、運用業務スタイルを変えるノウハウをお伝えします。
ターゲット
  • サービスリリースのスピードや頻度を上げながら、品質を確保したい方
  • 迅速な業務開発と柔軟な業務運用を図りたい方
  • 複雑化・多様化したITシステムの安定稼働を継続したい方
  • 問題発生時の迅速な対応を図りたい方
紹介製品
実施日時2016年10月28日(金)
資料

クラウド運用でのリアルな課題を解決する有力なソリューションとは
(協賛:伊藤忠テクノソリューションズ(株))

概要 プライベートクラウドを導入する企業が急増する中、クラウドや仮想化基盤の導入後のシステム運用管理に関わる課題が多様化・複雑化しています。
運用自動化からクラウド環境構築・管理までを幅広く網羅したJP1活用ソリューション「AOplus+」(伊藤忠テクノソリューションズ(株))をご紹介します。
ターゲット
  • ITシステム運用に課題をお持ちの企業
  • プライベートクラウド環境を運用している方
  • 運用標準化/運用自動化を検討中の方
  • 運用管理ツール導入を検討中の方
紹介製品
実施日時2014年8月28日(木)
セミナー記事
資料

※外部サイト「ビジネス+IT」に移動します。コンテンツをご覧いただくためには、会員登録が必要です。

プライベートクラウドの落とし穴にはまらないために!
複雑化するIT運用をスマートに実現するポイント

概要 プライベートクラウドの運用には、いったいどのような課題があって、どうすればその落とし穴にはまらずに済むのでしょうか?
本セミナーでは、プライベートクラウド運用における現状の課題について、日立が考える運用のポイントと「JP1」による解決方法をご紹介しています。
ターゲット
  • プライベートクラウドの導入を検討される方
  • プライベートクラウドを運用されている方
  • クラウド導入によりITサービス提供のスピードをあげたい方
紹介製品
実施日時2014年7月24日(木)
資料

「日立イノベーションフォーラム 2013」ビジネスの進化を支えるIT運用管理のあり方

概要 最新のJP1 V10.1の内容を交えながら、これからのビジネスIT環境の進化を支える運用管理のあり方をご紹介しています。
ターゲット
  • ビジネスIT環境の進化による課題とJP1の最新バージョンの機能強化の関係を知りたい方
  • JP1の最新バージョンを提案される方
紹介製品JP1
実施日時2013年10月31日(木)
資料

「Hitachi Platform solutions world 2013」ビジネスIT 環境の進化を支える運用管理のあり方とは

概要 お客様のIT環境は、サーバ集約から始まり、データ統合、仮想化適用そしてプライベートクラウドというように急速に進化しています。その中でも特に仮想化の適用以降、運用管理に対する期待は多岐に渡り、かつ高度になっています。
本セミナーでは、ビジネスIT 環境の進化を支える運用管理のあり方として、仮想化、クラウド環境で実力を発揮する 日立プラットフォームソリューションをご紹介しています。
ターゲット
  • 日々の運用管理業務に課題を抱えている方
  • 運用管理コスト削減をはかりたい方
  • アプリケーションライフサイクルのスピード化をはかりたい方
  • 自動化システムを成功させるコツを知りたい方
紹介製品
実施日時2013年7月11日(木)
資料