ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

1994年に販売を開始して以来、それぞれの時代やビジネスに合わせて新しい価値を提供してきた、JP1。
お客さまシステムの運用を最適化するための対応を積み重ね、金融をはじめとする各種産業や官公庁など、業種、企業規模を問わず幅広いお客さまに選ばれています。お客さまのビジネスを支えるために、JP1はこれからも時代の変化に即応し、進化し続けていきます。

1. 長年の製品開発で培った確かな品質

蓄積してきた技術ノウハウや経験を製品開発に反映し、複雑化・多様化したシステムにも適用できる信頼性の高い品質を維持しています。
また、異なるバージョン間での互換性も維持しているため、段階的にシステムを入れ替えるといった計画的なバージョンアップも推進できます。

2. さまざまなプラットフォームや環境に適用可能

JP1は、Windows、Linux、UNIXといった各種プラットフォームをはじめ、クラスタや仮想化プラットフォーム、クラウドサービスなど、幅広い環境に適用できます。プラットフォームの最新動向にもいち早く対応します。

3. 10年間保証で、充実のサポートサービス

サポートサービス商品「日立サポート360」は、同一バージョンで最低10年間のサポートを保証します。たとえば、サーバの入れ替え周期が5年の場合、2サイクルまで標準サポートで対応可能。また、システムの安定稼働のために、問題解決の支援・情報の提供・改良版の提供といった3つの要素を柱として、お客さまを強力にサポートします。

4. JP1のプロフェッショナルがお客さまをサポート

全国に5万人以上いるJP1資格認定取得者が、お客さまをサポートします。システムの規模、環境、要件に応じて、構築作業の支援やシステム変更時のコンサルテーションに対応するため、導入後も安心です。

5. MADE IN JAPANの品質と安心を世界へ

各国語のOSをサポートし、世界各地での利用に対応。導入実績も豊富にあります。日本だけでなく、中国、東南アジア、北米、ヨーロッパなどにも販売・サポート拠点を設けて世界全域をカバー。お客さまのビジネスにとって重要なシステムの運用管理をしっかりと支えます。