ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

2000年問題をきっかけに誕生したJP1/AJS3 - DA

JP1/AJS3 - DA

大量のジョブを一括で定義できる製品「JP1/Automatic Job Management System 3 - Definition Assistant」(JP1/AJS3 - DA)の誕生には、あの「2000年問題」が大きく関係しています。
「2000年問題」とは、年号が1999年から2000年に切り替わるとき、コンピューターが誤作動する可能性があるとIT業界で騒がれていた問題です。そのため、1990年後半のIT業界は「2000年問題」に起因する課題解決作業が膨大で、とにかく大忙しでした。そんな中、膨大な作業をミスなく効率良くこなすために、ある担当者が作成した便利ツールがJP1/AJS3 - DAの源です。社内向けとして使用していたこのツールは「とても便利!」と大評判になり、やがて製品化することになりました。製品化するにあたっては、お客さまの業務内容に合わせてカスタマイズできる機能の追加など、さまざまな改良が施されました。
こうして完成したJP1/AJS3 - DA は、今でも多くのお客さまに活用されています。

本屋で買えるJP1

本屋で買えるJP1

多くのお客さまに親しまれているJP1。実は市販本も出しています。
たとえば、JP1によるセキュリティ統制の実践ノウハウをまとめた解説書や、「JP1技術者資格認定制度の学習に役立つ参考書などがあります。
中でも「JP1認定エンジニア」は、図や画面を多く用いて初心者用にわかりやすくJP1を解説しています。さらに、本番の試験を想定した模擬試験を掲載しているため、JP1技術者の資格取得を目指す人も手放せない本になっています。

※「JP1技術者資格認定制度」とは、JP1のスキルを保有する技術者を日立が認定する制度です。

V6iとV7iの“i”の意味とは?

V6iとV7iの“i”の意味

みなさんは、JP1に“V6i”と“V7i”というバージョンがあることをご存知でしょうか?
V6iとV7iが発売された2000年代前半は、高速インターネットが普及し、ビジネススタイルが急速に変化している時期でした。そんな時流に合わせて、internetの頭文字である“i”がバージョンに付けられました。
この“i”の表記を資料の文章中に記載する際、“i”は斜体字の“i”を使用する決まりになっていました。そのため、資料の最終チェックで“i”の文字をひとつひとつ確認する作業が、とても大変だったそうです。

お客さまに喜ばれたJP1ノベルティグッズ

JP1ノベルティグッズ

アンケートに回答してくださったり、セミナーイベントにお越しくださったりしたお客さまに差し上げているのが、ノベルティグッズです。20年の間に作成したさまざまなノベルティグッズの中から、お客さまに好評だったノベルティグッズを紹介します。
犬の形をしたCDホルダーは、JP1(ジェイピーワン)の「ワン」にちなんで作成しました。このCDホルダーは、JP1のノベルティグッズとしては珍しく「かわいい」アイテムです。マイ箸は、2007年頃からのエコブームが影響したためか、エコ意識の高い女性のお客さまに大好評でした。男女・立場を問わず人気があったのは、コンパクトな巻き取り式の携帯用LANケーブルでした。無線LANが普及する以前は、多くのビジネスパーソンが外出先でインターネットを使うために、LANケーブルを持ち歩いていたからでしょう。
みなさんがご存知のグッズはありましたか?

JP1の名前の由来、ご存知でしょうか?

JP1の名前の由来

その由来は、実はJP1の開発コードにあります。JP1は、発売される前は「JUPITER1」という開発コードが名づけられていました。 この「JUPITER」の中から、「J」と「P」の2文字を取り出して「JP1」として命名しました。
また、その後のバージョンも開発コードをつけています。
たとえば、JP1 Version 8はSirius(シリウス)、Version 9はEuropa(エウロパ)、Version 10はOrion(オリオン)。
気づいた方もいらっしゃるかと思いますが、JP1の開発コードは天体にちなんだ名前をつけています。

JP1のキービジュアル(モチーフ)の意味って?

JP1のモチーフ

JP1のモチーフをご覧になったことはありますか?これは「キービジュアル」といって、カタログをはじめとした、さまざまなコンテンツに使っています。
キービジュアルはJP1 Vesion 7iから作り始めていて、Version 10に至るまでデザインを少しずつ変更しています。
たとえば、Version 10では天球儀ですが、Version 9ではコンパスです。
実はこの天球儀やコンパスはJP1を表し、星はJP1の目標という意味があります。
しかし、バージョンが変わってもJP1が必ず星を指し示すデザインは変わりません。
これはJP1が目標に向かっていく様を表現しています。