ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

生産ラインの機器や監視カメラの異常を検知できるように、監視システムを導入している方も多いと思います。監視システムを導入しているにも関わらず、異常があった際に担当者宛てに届くメールを見落としてしまい、対応が遅れてしまったということはないでしょうか?
異常の検知を契機として、迅速な初動対応を実現するためのソリューションをご紹介します。

お客さまの課題

以下のような点でお困りではないでしょうか?

  • 異常を知らせるメールに担当者が気がつかず、初動対応が遅れる
  • 担当者が不在の場合、別の担当者(代理)に通知したい
  • 監視システムごとに担当者の連絡先の管理をしなければならないが、システムが多く、管理が大変

ソリューション

監視システムで検知した異常を、電話、メール、信号灯などによって
自動連絡するため、迅速に対処できます!

監視システムで検知した異常を、電話、メール、信号灯などによって自動連絡するため、迅速に対処できます!

効果

  • 電話、メール、信号灯などによる自動連絡によって、確実に担当者へお知らせし、初動対応の遅れを防ぎます。
  • 担当者が不在の場合でも、自動的に別の担当者へ連絡する仕組みがあるため、その都度連絡先の登録を変更する必要はありません。これによって、運用コストを抑えられます。
  • 担当者の連絡先を一括で管理するので、監視システムごとの連絡先の管理が不要です。

関連資料

現場監視における通報強化ソリューション

紹介しているソリューションについて、詳細をご紹介しています。

現場監視における通報強化ソリューション提案事例

紹介しているソリューションの提案事例をご紹介しています。