ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

JP1の市場からの主な評価をご紹介します。

日経コンピュータ 顧客満足度調査 2017-2018
統合運用管理ソフト(サーバー/ネットワーク管理系)部門で2年連続1位獲得

顧客満足度調査 2017-2018 統合運用管理ソフト(サーバー/ネットワーク管理系)部門1位[出典:日経コンピュータ 2017年9月14日号 ]

おかげさまで、顧客満足度調査 2017-2018 統合運用管理ソフト(サーバー/ネットワーク管理系)部門で2年連続1位となりました。(日経コンピュータ2017年9月14日号 による)

厚く御礼申し上げます。

注:本調査は、製品ではなく企業を対象にしたものです。

2016年度国内運用管理ソフト市場での売上トップシェアを獲得

運用管理ソフトウェア国内シェア(2016年度) 日立:25.4%[出典:テクノ・システム・リサーチ、2017年8月]

おかげさまで、20年連続 国内売上トップシェアを継続中!
(テクノ・システム・リサーチなどの調査による)

厚く御礼申し上げます。

セキュリティ評価基準 ISO/IEC 15408認証取得

JP1/Baseは、ISO/IEC 15408の認証を取得しました。

ISO/IEC 15408認証

JP1/Baseのユーザー認証機能である認証サーバは、製品のIT関連製品のセキュリティ機能・品質をチェックする国際セキュリティ評価基準ISO/IEC 15408の認証を独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)より取得致しました。 ISO/IEC 15408は、我が国の政府機関の情報セキュリティ対策を強化するための「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」でも適用が推奨されており、このISO/IEC 15408の認証取得により、より安全性の高いシステムの構築が可能となります。また、今回取得したEAL2+ALC_FLR.1では、EAL2で定める基本的な要件に加え、製品に対するセキュリティ欠陥が発見された場合には、迅速に報告、対策するためのプロセスについても認証を得ており、運用開始後についてもセキュリティを確保できます。

取得製品名 評価保証レベル 取得日
JP1/Base 認証サーバ 08-10(Windows版) EAL2+ALC_FLR.1 2007年8月30日

関連資料

認証に関する注意事項

本製品が取得した情報セキュリティに係る認証は、評価に用いた評価対象(Target of Evaluation)が所定の評価基準及び評価方法に基づく評価の結果、セキュリティ保証要件に適合していることを示すものです。

参照