ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

JP1は、1994年より日立が提供しているシステム運用管理ソフトウェアです。
お客さまのビジネス環境の価値をより高めるために、メインフレーム時代から培ってきた日立の技術やノウハウを結集し、常に時代が求める運用管理を追及しています。
お客さまのご要望をくみとりながら、数多くのパートナーさまと共創し、進化を続けています。

多様なニーズに対応するJP1の運用管理

JP1は、「オートメーション」「モニタリング」「コンプライアンス」の3つの分野で、多様なニーズに対応します。

JP1のコンセプトカテゴリー

オートメーション

JP1のオートメーションは、業務を計画的に自動実行するだけではなく、手動で実行していた複雑なオペレーションも自動化します。
さらには、重要なデータの自動バックアップや遠隔地保管など、万一の場合のビジネス継続も支援します。信頼性の高いミッションクリティカルなシステムの構築とともに、お客さまの業務運用の効率向上と人的ミスの低減を実現しながら、システム全体を動かします。

モニタリング

JP1のモニタリングは、ネットワークを含めたインフラから業務システム、サービスまでのシステム全体を監視し、障害分析、サービス性能の維持・向上、システムの安定稼働のためのさまざまな機能を提供します。
システムで今、何が起こっているか、安定して稼働しているか、快適なサービスを提供できているかを視覚的にとらえ、効率的な監視運用で、異変への気づきと迅速な対応を支援し、お客さまのシステムを止めません。

コンプライアンス

JP1のコンプライアンスは、仮想デスクトップやスマートデバイスなどにも対応し、IT資産の効率的な一元管理を実現します。
IT資産のインベントリ情報を自動収集し、ソフトウェアライセンスの超過など、社内コンプライアンスの徹底を支援。さらに、不正アクセスやウイルス感染、情報漏えいといったセキュリティリスクから、お客さまの大切なIT資産を守ります。

JP1がお客さまに提供する3つの価値

Manageability

効率的な運用

日立が培ってきた豊富なノウハウを活用し、さまざまなシーンでシステム運用の効率化を支援し、ビジネスのスピードアップに貢献します。さらに、システム全体の運用を可視化・自動化することで管理負荷の軽減とコスト削減を支援します。

Serviceability

確かな信頼

クラウドコンピューティングの利用や仮想化技術の適用といった環境の変化やビジネスの成長にすばやく対応します。さらに、複雑化するシステム障害の予兆を検知し、止まらないビジネスを支援。ビジネス環境を確かなものにすることで、企業のさらなる継続的な発展を支援します。

Security

さらなる安全

企業が法令を遵守し、そのモラルを向上させるのに最適なビジネスモデルの実現を、システム運用面からサポート。さらに、内外に潜むさまざまなセキュリティの脅威から、企業情報システムを強固に守ります。