ページの本文へ

Hitachi

統合システム運用管理 JP1

JP1の誕生背景

JP1の誕生背景をご紹介します。

1990年代、メインフレームからのダウンサイジング*という時代の流れにより、自社システムに最適なものを選択できる柔軟性が高いシステムのオープン化が進みました。これにより、メインフレームで行っていた業務運用がいろいろなメーカーのサーバでもできるようになりました。

しかしながら、オープン環境では、メインフレームで当たり前に提供されていた、業務運用を自動化する機能が提供されておらず、運用の負担は膨大になり、現実的なシステム運用は困難でした。

オープン環境でもメインフレームと比べても遜色のない、高信頼なバッチ処理や業務の自動化をマルチプラットフォームで実現したいという想いが、JP1の誕生した背景です。

1994年にまずUNIX対応版としてデビューし、翌年にWindows NT版をリリースしました。Windows版は日本初のジョブ管理製品であり、他社に先駆けたマルチプラットフォーム対応が実現しました。

メインフレームの運用

使う企業のニーズに合わせたオーダーメイドのプログラムで、1つのメインフレームで業務と運用を実現

オープン環境の運用

OSの種類にこだわらず、分散した複数のサーバで業務を実現

メインフレームでの安定性を確保した運用管理を実現

日立は現在もメインフレームを製造し続けている数少ないメーカーの1つです。

JP1はメインフレーム時代から業務運用を支えた技術力の集大成であり、ミッションクリティカルな業務の運用ノウハウがサポート体制や品質にも活かされています。
さらに、バージョンを重ねるごとに、お客さまの要望をしっかり確実にくみとりながら、信頼性と性能を高めてきました。

これまでも。そして、これからも。すべては未来へ進むお客さまのために。

* ダウンサイジング:メインフレームのサイズ(規模)をダウン(小さく)したオープン環境への移行

JP1の歴史と世の中の動向

JP1が歩んだ進化の歴史を世の中のIT技術動向と併せてご紹介します。

1994-1999

JP1 Version 1〜JP1 Version 5

システムのオープン化を機にネットワークコンピューティングが浸透。こうした時代のシステム運用は、高度化、複雑化、広域化により、ますます重要な役割を担おうとしていた。

1994年、多くの人が描いたオープンシステムへの夢を実現すべく、メインフレームでの開発経験を基にデビューしたJP1。
UNIXとWindowsに対応するジョブ運用から、マルチプラットフォームに対応した統合システム運用管理に進展。
1999年、グローバルビジネスにおける成功のカギを握るアジア市場での事業立ち上げを皮切りに、本格的な海外事業展開を開始。

2000

JP1 Version 6

インターネットの普及に伴い、ウィルス感染、不正アクセスなどの危険性が増大し、情報セキュリティ対策がさらに重要となってきた。 また、西暦2000年問題の終結を機に、企業はインターネットを活用したビジネスに積極的に取り組み始め、それらを支えるシステム運用には、24時間365日の安定稼働が求められた。

JP1は、インターネットを活用したビジネス社会におけるシステムの安定稼働をはかるため、セキュアな運用やプロアクティブな管理により、ネットビジネス対応強化の統合運用管理を実現。

2003

JP1 Version 7i

システム環境では複雑化・高度化が進み、ビジネスに直結した視点により、すばやい判断を可能にする統合的な管理環境が必要となっていた。また、ITIL適用による運用プロセス改革や個人情報保護法によるセキュリティ対策の重要性が再認識されていた。

JP1は、サーバ、ネットワーク、アプリケーションといった個々のシステム構成要素を監視・管理するだけでなく、業務視点からプロアクティブな管理を実現。さらには、サービスサポート全体の最適運用のためのITILの管理プロセスの支援や、クライアントPC環境の情報セキュリティ対策を支援。

2006

JP1 Version 8

企業を取り巻く環境が目まぐるしく変化するなか、企業の社会的責任も問われる時代になっていた。こうしたなか、IT運用には、内部統制の強化とグリーンITへの対応が新たに求められていた。これらは、企業価値を高めるうえでも、特に重要な課題であった。

JP1は、ビジネスの透明性確保という観点から「見える化」を強化。IT運用プロセスを統制し、運用管理自体が正しく行われていることを記録することで攻めの内部統制を支援。さらには、省電力視点での運用を統制するためのしかけを提供し、運用面からもグリーンITに対応。

2009

JP1 Version 9

ITリソースの有効活用や、システム全体の最適化、コスト削減に貢献する「統合化」、「仮想化」、「クラウドコンピューティング」などの導入が進んだことにより、システム環境はますます複雑化、多様化していった。

JP1は、システム全体の構成情報や稼働情報を一元管理し、問題の予兆検知とその原因究明、対処を支援。さらには、クラウド環境で共有化されたITリソースの効率的な運用や利用者の視点に立ったサービスレベルの管理までシステム運用管理を統合的に支援。

2012

JP1 Version 10

ITシステムは、オンプレミスからプライベートクラウド、それらに加えて、クラウドサービスの活用が進み、ハイブリッドクラウド環境での効率的な運用が求められてきた。これによって複雑化したITシステムをいかに効率よく運用するかが大きな課題となってきている。

JP1は、IT運用の自動化や運用手順のナビゲートなど高度で複雑な運用を簡単に実行できる、やさしい管理ツールへと進化。

多様なクラウド環境の中からニーズに合うものを組み合わせて活用するマルチクラウド環境への対応と従来型のシステムも含めて俊敏性を備えた運用へと発展。

2016

ITと経営の融合が進むなか、企業にはビジネスを取り巻く環境の変化に迅速に、柔軟に対応できるITシステムと運用が不可欠となってきた。

スピード経営時代のIT統合管理を実現するため、JP1は強化の方向性として「JP1 as a Service」というキーワードをかかげ、「サービスとしてのJP1」、「クラウドを支えるJP1」、「IT運用に革新をもたらすJP1」という3つの視点で進化。

多様なニーズに応えるために、ビジネス変化に即応できるサービス利用型のJP1を提供。加えて、クラウド活用の高度化に伴い、俊敏性や伸縮自在性といったクラウド特性のメリットを最大限に活かせるよう強力に支援。さらには、変化の激しいIT環境を自動化・自律化により徹底的に効率化を図ることで、真の運用の自律化の実現を目指す。