ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

HiRDB:HiRDBガイドツアー

HiRDBの技術情報を探したいけど、マニュアルを読む時間がない……。
HiRDBの専門用語がわからないので、検索キーワードが思いつかない……。
そんなときは、こちらのコンテンツがおススメです。

アプリケーション開発について知りたい

HiRDB アプリケーション開発ガイド(PDF形式、3.91Mバイト)
HiRDBにアクセスするアプリケーションを開発する方に、先ずはじめに見ていただきたいチュートリアルです。
日立インフォメーションアカデミー − HiRDB講座「HiRDBアプリケーションプログラミング」
日立インフォメーションアカデミー − HiRDB講座「HiRDBアプリケーションプログラミング」(eラーニングコース)
さらに実機演習付きで習得したい方は、こちらのコースをおススメします。

HiRDBを試してみたい

HiRDB体験版
お試しで構築する場合は、体験版をご利用いただけます。
HiRDB Version 9 体験版 チュートリアル(PDF形式、3,757Kバイト)
体験版のご利用方法はこちらです。
GUIによるHiRDBシステム開発方法の解説と演習(PDF形式、12.5Mバイト)
HiRDBをGUIの操作でセットアップし、運用、チューニングしたい方におススメです。

設計・構築について知りたい

HiRDB設計と構築のポイント(PDF形式、6.61Mバイト)
データベースのパフォーマンスや可用性、格納効率、運用・拡張容易性は、システム要件に基づき事前に設計することで作りこむことができます。これらの設計のポイントを知りたい方におススメです。
ユーザ事例に学ぶ HiRDB設計のコツとトラブルシュート(PDF形式、9.06Mバイト)
稼動環境も含めたHiRDBシステムの設計および構築、アプリケーション開発などのシーン別に、トラブル事例に基づいた設計のコツを解説しています。また、トラブルが起きてしまった場合の対策についても解説しています。
日立インフォメーションアカデミー − HiRDB講座「HiRDBデータベース管理」
日立インフォメーションアカデミー − HiRDB講座「HiRDBデータベース管理」(eラーニングコース)
さらに実機演習付きで習得したい方は、こちらのコースをおススメします。

運用について知りたい

HiRDBアーキテクチャと運用管理解説(PDF形式、11.8Mバイト)
HiRDBの運用方法を知りたい方におススメです。
システム要件に最適な運用方法を知るには、HiRDBのアーキテクチャを知ることが近道です。
HiRDBバックアップリカバリ解説(PDF形式、9.02Mバイト)
バックアップ方法は? といってもシステム要件に応じていくつかの選択肢があります。
どんな選択肢を、どんな場合に選べばいいの? わかりやすく解説します。
HiRDBデータベース再編成 運用方法の解説(PDF形式、11.4Mバイト)
データベースの断片化を解消してパフォーマンスを維持したい、格納効率を高めたい。
データベースの基本運用の一つですが、調べてみると奥が深い。
断片化の解消方法も、システム要件に応じていくつかの選択肢があります。
どんな選択肢を、どんな場合に選べばいいの? わかりやすく解説します。
HiRDB稼働監視のポイント(PDF形式、4.59Mバイト)
データベースの異常やその予兆をいち早く検知するためには、監視が必要です。
でも、何をどうやって監視すればいいの?そしてどうやって対処すればいいの?
わかりやすく解説します。
日立インフォメーションアカデミー − HiRDB講座「HiRDBバックアップリカバリとクラスタリング」
さらに実機演習付きで習得したい方は、こちらのコースをおススメします。

チューニングしパフォーマンスを高めたい

HiRDBチューニング解説(PDF形式、3.75Mバイト)
データベースの安定稼動とパフォーマンスの向上にはチューニングが重要です。図や参考例を多用し、わかりやすく解説します。
HiRDB Version 9 パフォーマンスガイド
HiRDB にアクセスするアプリケーションがより良いパフォーマンスを出すために、アプリケーション開発工程のどの時期に、何を確認すればよいか、また注意することは何かについて説明しています。

よくある問題の具体的な解決策を知りたい

FAQ
HiRDBの環境設定、運用、トラブルシュートなどに関して、よくある質問と回答を公開しています。具体的な現象について調べたいときは、こちらのFAQをご利用ください。

HiRDBをしっかり学びたい

日立インフォメーションアカデミー − 講座別コースフロー
基礎から応用までを、実機演習つきでひとつ一つ学びたい。
ORACLE MASTERのようなトレーニングコースがあります。

他社サイトでの紹介記事

他社サイトでの紹介記事
翔泳社のデータベース専門チャンネル「DB Online」で、日立のデータベースが、いま注目を集めています。
毎月一度のペースで、事例やキーマンのインタビュー記事が掲載されていますので、要チェックです!

新規ウインドウを開くアイコン:新規ウィンドウを表示]

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。