ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。HiRDB サイトのトップページはこちら。

HiRDB:技術資料

ここでは、HiRDBの技術資料を紹介します。目的別にHiRDBの技術資料を探したい場合は、HiRDBガイドツアーをご参照ください。

資料キーワード検索


構築/運用

構築/運用
分類 資料名、形式・サイズ 資料の説明
一般 HiRDBを使用して構築したデータベースシステムを安定して稼働できるように、HiRDBの稼働状況を監視する方法や問題を発生させないための対処について解説しています。
HiRDBシステムを構築する前に、事前に確認しておく要件およびシステム要件に合わせたHiRDBの設計と構築の手順およびポイントについて解説しています。また、要件に応じたパラメタ設定や各種設定ファイルの準備を効率的にする方法についても解説しています。
代表的な業務モデル(在庫管理、ワークフロー管理、履歴管理、情報分析)の特徴に合わせた、論理設計・物理設計・運用設計時のコツを解説しています。
稼動環境も含めたHiRDBシステムの設計および構築、アプリケーション開発などのシーン別に、ユーザ事例に基づいた設計のコツを解説しています。また、トラブルが起きてしまった場合の対策についても解説しています。
HiRDBの基本的なアーキテクチャ、データベース運用、システムログ運用を始めとするHiRDBの運用管理の基本を解説しています。
HiRDB Configuration Assistant、HiRDB Control Manager、HiRDB SQL Executer、HiRDB SQL Tuning AdvisorなどのGUI製品を使って、HiRDBのシステム開発をする手順を、マシン演習を交えながら解説しています。
HiRDBでは、数GBからTBを超えるデータ量、システムの稼働率、システムの重要度、コストに合わせてさまざまなバックアップ方法を提供しています。本資料では、最適なバックアップ方法を選択するためのポイントを解説しています。その上で、HiRDBのバックアップ方法および運用手順について具体的に解説しています。
データベース再編成運用を理解するための前提知識、データベース断片化への対処方法、業務内容に合わせたデータベース再編成の運用事例やトラブル事例について解説しています。
データレプリケーション HiRDBのデータレプリケーション製品であるHiRDB Datareplicatorの適用業務事例や、システムの設計・運用のポイント・手順、トラブルシュート関連情報について解説しています。
ノンストップ オンライン再編成、オンラインバックアップ、系切り替え機能について説明しています。また、ノンストップ運用を実現するためのシステム設計や運用手順を解説しています。
日立ディスクアレイシステムと連携したインナレプリカ機能によるオンラインでのデータベース再編成、データ・インデクスの一括作成、参照・更新バッチ業務実行、アプリケーション開発、高速バックアップについて解説しています。また、日立ディスクアレイシステムとの関係や具体的な構築方法についても解説しています。
災害対策(ディザスタリカバリ) ディザスタリカバリシステムの実現方法の選択肢を紹介し、提案のポイントを解説しています。また、他社提案との差別化のポイントとなる、日立ディスクアレイシステムとのその他の連携機能についても解説しています。

チューニング

チューニング
資料名、形式・サイズ 資料の説明
SQL、ユティリティ、各種バッファおよびDB排他制御のチューニング方法について解説しています。さらにシステム開発の各作業工程で考慮すべき項目ついて、総合的に解説しています。

アプリケーション開発

アプリケーション開発
資料名、形式・サイズ 資料の説明
HiRDBのデータベースにアクセスするJava™アプリケーションプログラムの開発からSQLのチューニングまでを体験していただくための手引書です。
HiRDBへのアクセス性能を良くするための推奨のSQLコーディング方法です。

新機能解説

新機能解説
資料名、形式・サイズ 資料の説明
HiRDB Version 9 09-60の新機能を紹介しています。
  • マニュアル「HiRDB パフォーマンスガイド」公開
  • RDエリア全構成ファイルの自動増分機能
  • IPアドレスによる接続制限機能
  • BINARY型の列の暗号化機能
など
HiRDB Version 9 09-50の新機能を紹介しています。
  • 省略値変更
  • 特定UAPに対する暗号化データの復号機能
  • OSログインユーザの簡易認証
など
HiRDB Version 9 09-04の新機能を紹介しています。
  • 解釈・実行できるSQL構文を増やし、他社DBMSからの移行容易性を向上
  • 定義済みの表に主キーを追加・削除する機能
  • 特定のユーザに絞って監査証跡を取得する機能
など
HiRDB Version 9 09-03の新機能を紹介しています。
  • データ圧縮機能
  • RDエリア分割運用の機能強化
  • 一時表
  • XML検索の性能向上
など
HiRDB Version 9 09-01の新機能を紹介しています。
  • グリッドバッチ連携
  • リアルタイムSQL稼働分析機能強化
など

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー
資料名 形式・サイズ 資料の説明
Hitachi Virtual Storage Platform Universal Replicator softwareと拡張コンシステンシーグループを活用したHiRDBとHitachi Disk Array Driverによるディザスタリカバリ ホワイトペーパー HiRDB Version 9 09-04 Single ServerとHitachi Disk Array Driver Mirroring Edition for Linux 01-12の組み合わせを対象とし、ミラー化した2つのストレージ筐体それぞれにUniversal Replicatorを適用した、ディザスタリカバリシステムの実証およびその結果を紹介します。
HiRDB Version 9 09-04 Single ServerとHitachi Disk Array Driver Mirroring Edition for Linux 01-12の組み合わせを対象とし、ミラー化した2つのストレージ筐体それぞれにUniversal Replicatorを適用した、ディザスタリカバリシステムの実証手順を紹介します。

検証報告

検証報告
資料名、形式・サイズ 資料の説明
ストレージと連携したディザスタリカバリ方式について解説しています。また、回線シミュレータを用いた環境と実回線を用いた環境での性能検証の結果や、障害発生時のデータロスとメインサイトの業務性能への影響についての検証結果を掲載しています。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

JavaScriptをオンにするとナビゲーションが表示されます。
HiRDBの製品サイトマップはこちら。