ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Integrated Middleware Managed Service データ連携・統合ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。トップページはこちら。

FAQ

ソリューション

Q01.HIMMS データ連携・統合ソリューションとは何ですか。

組織の各拠点で利用している多種多様なシステムのデータを統合して、必要なときに必要なデータを素早く利用できるようにするソリューションです。

Q02.どのような課題を解決するソリューションですか。

以下のような悩みを解決するソリューションです。

  • データのフォーマットが違うなどの理由で、最新のデータをタイムリーに収集できない。
  • 思いついたときに視点を変えてさっと分析したいのに、フットワーク軽く活用できない。

詳しくは、コンセプトをご参照ください。

特長

Q01.どのような特長がありますか。

HIMMS データ連携・統合ソリューションの特長は、下記の3点です。

  • ほしいデータを見たい形で手に入れられるかどうか、事前に効果検証できる
  • 最新のデータをタイムリーに収集・活用でき、お客さまは業務に専念できる
  • データ連携・統合部分を最適化したシステムが利用できる

詳しくは、特長をご参照ください。

サービス

Q01.どのようなサービスがありますか。

構想策定・要件定義の支援を行う「導入支援サービス」、基本設計・詳細設計などを支援する「開発支援サービス」、プラットフォームを構築し、アプリケーションを配備する「構築サービス」、プラットフォームのライセンスと運用サービスを月額で提供する「プラットフォームサービス」があります。

詳しくは、サービスをご参照ください。

Q02.導入支援サービスでは具体的にどのような支援を行うのですか。

導入支援サービスでは、データの価値検証を支援する「構想策定」や、連携対象や統合DBのデータモデル、データの収集頻度/蓄積量などの要件を整理する「要件定義」、統合対象のソースデータの品質を確認してクレンジングの留意点を抽出する「要件定義(ソースデータの品質分析)」などを行います。

詳しくは、導入支援サービスをご参照ください。

Q03.開発支援サービスでは具体的にどのような支援を行うのですか。

開発支援サービスでは、アプリケーション(データの収集・加工処理、物理データモデル)の設計・実装を行います。

詳しくは、開発支援サービスをご参照ください。

Q04.構築サービスでは具体的にどのような支援を行うのですか。

構築サービスでは、導入支援サービスで決定した要件に合わせプラットフォームを構築し、開発支援サービスで開発したアプリケーションを配備するサービスを行います。

詳しくは、構築サービスをご参照ください。

Q05.プラットフォームサービスでは具体的にどのような支援を行うのですか。

プラットフォームサービスでは、プラットフォームのライセンスと運用サービスを月額で提供します。

詳しくは、プラットフォームサービスをご参照ください。

導入

Q01.導入した事例はありますか。

お客さまの「総合力を活用しさらなる企業価値の向上を実現したい」という要望に対して、本ソリューションを適用した事例があります。

詳しくは、ユースケースをご参照ください。

Q02.どのような業種・分野で導入していますか。

製造業などの産業分野での導入実績があります。

Q03.HIMMS データ連携・統合ソリューションを導入することによってどのぐらい効果が出ますか。

お客さまのシステム案件やその他、各種条件によって効果が異なってきます。
まずは、お気軽にお問合せください。

Q04.HIMMS データ連携・統合ソリューションを依頼したいのですが費用はいくらぐらいかかりますか。

お客さまのシステム案件やその他、各種条件によって費用が異なってきます。
まずは、お気軽にお問合せください。

Q05.導入前に体験や評価はできますか。

デモンストレーション、システム評価検証サービスなどが可能です。
詳しくは、お問合せください。

Q06.導入にはどのぐらいの期間が必要ですか。また、準備するものはありますか。

お客さまのシステム案件やその他、各種条件によって異なってきます。
詳しくは、お問合せください。