ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Integrated Middleware Managed Service データ連携・統合ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。トップページはこちら。

コンセプト

HIMMS データ連携・統合ソリューションとは

変化の激しさが増す市場環境で施策の精度向上とデータ活用の回転率アップが実現できれば、企業の競争力が最大化し、収益アップにつなげることができます。そのためには、データ活用のPDCA高速化を実現し、業務側とIT側を連動させる必要があります。

このような課題に対して、HIMMS データ連携・統合ソリューション(以下、本ソリューション)では、データ連携・統合システムの開発・構築の経験をいかし、迅速で的確なシステム構築を支援いたします。

具体的には、本ソリューションでデータ連携・統合に関する要件定義から設計・構築、稼働後の運用・保守までをトータルにサポートし、データ活用のステップアップを実現いたします。IT側の「データ連携・統合」を本ソリューションが支援することで、お客さまは、業務側の「やるべきこと=施策立案+施策実行」に専念いただけます。

HIMMS データ連携・統合ソリューション コンセプト

それでは、本ソリューションによるデータ活用イメージ例を簡単にご紹介します。

【特集】現場の「今」がわかる!経営の「今」がわかる!

【特集】現場の「今」がわかる!経営の「今」がわかる!
現場の「今」を見える化すれば、もっと、経営の「今」が判断しやすくなる。
カレが目にしていたのは、全世界のタイムリーなデータ活用により実現した、食糧確保に役立つシミュレーションでした。

HIMMS データ連携・統合ソリューションが提供するサービスとは

HIMMS データ連携・統合ソリューションでは、データ連携・統合のシステム開発に関して、要件定義から設計・構築、稼働後の運用・保守までの各フェーズをトータルにサポートする、「導入支援サービス」「開発支援サービス」「構築サービス」「プラットフォームサービス」をご用意しています。

各サービスは、お客さまが抱える課題をどのように解決するか1つ1つ判断できるサービス体系になっています。

各サービスとお客さまが抱える課題
課題 サービスの内容 各フェーズとサービスの関係
要件定義 設計・構築 運用・保守
費用対効果がわからない
  • PoCで実証しながら、スモールスタートが可能です
  • 開発/運用経験に基づく要件定義を行います
     
   
ITエンジニアの人材が不足している 洗練された技術者による迅速な開発・構築・運用をサポートします  
 
初期投資を抑えたい 柔軟なクラウドサービスプラットフォームを月額提供します