ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Integrated Middleware Managed Service データ連携・統合ソリューション

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。トップページはこちら。

関連記事

企画者インタビュー

買い物もお仕事もデータ活用で便利になった!世の中のビッグデータ活用を支える「データ連携」とは?

第1回

データ連携って何だろう?
ネットや企業のデータベースに集まる膨大なデータ。そのデータを活用しようと取り組んでいる企業が増えています。データ活用を実現するための根幹となる技術が「データ連携」です。
第1回は、「データ連携・統合ソリューション」の商品企画担当の二人が「データ連携」とは何かについて語ります。

第2回

データ連携の実現のポイントは?
「単純にはくっつかない」というDBのデータ。データを1つにまとめてデータ連携できるようにするには、コツがいるようです。第2回では、データ連携を実現させるためのポイントのお話です。

第3回

データ連携をスムーズに始める方法
最終回は、データ連携を負担なく実装できるという「データ連携・統合ソリューション」の特長などのお話です。

特集

【特集】現場の「今」がわかる!経営の「今」がわかる!

【特集】現場の「今」がわかる!経営の「今」がわかる!
現場の「今」を見える化すれば、もっと、経営の「今」が判断しやすくなる。
カレが目にしていたのは、全世界のタイムリーなデータ活用により実現した、食糧確保に役立つシミュレーションでした。